« 大むかしの海&おまけ | トップページ | デジタルフォトフレーム が結構使える »

PasocomMini PC8001

Amazonでも発売されるようになったPasocomMini(パソコンミニ)PC8001を、我慢できずとうとう買ってしまいました…!

この値段、「オモチャ」としては安くはないですが…

私、PC8001には並々ならぬ思い出があるので、その思い出を買う意味で決して無駄な買い物ではないのです!(そうかな…?)

PC8001の思い出については後に譲るとして…

Pcmini02

外箱。なかなかカッコイイ。
ですが真打はその中…

Pcmini03

この中箱の「ダンボール箱」凝ってる!
おそらく、ホンモノの梱包のミニチュア版なんでしょうね。

Pcmini05

本体。
中箱もリアルなので写真ではデカく見えますが、実際のサイズはこんなもんです。
小っさ!

Pcmini07

PCGセットなので、本体の下にPCG8100が取り付けられます。

PCGというのは、8001に拡張機能を追加して、オリジナルのキャラクターグラフィックを出せるようにする装置です。
…なんて、私はこれの実物は見たことありません。なのであまり思い入れはない。

しかもこれ、本当にただの「フィギュア(飾り)」なんです。中には何も入ってない。
本体だけですでにPCGの機能は追加されている。

Pcmini06

本体の中身は、実はコレだけ…。スッカスカ…。
Rasberry piという多用途シングルボードコンピュータだそうで、これにPC8001のイミュレートをさせているようです。

動作させるには、HDMIケーブル(PC側はミニ)、キーボード(USB MicroB)が必要です。

さて、いよいよ起動!

Pcmini08

あぁ…この画面懐かしい…

PC8001は、私が初めて触ったPCです。(というか、日本ではこれがほぼ最初の「マイコン」だった)
当時、まだローカル電気店だった群馬県前橋市のヤマダ電機で、店頭でディスプレイされていたものを勝手にいじって、プログラムを試し打ちしたものでした(迷惑)。

BASICの方は、テレ東「パソコンサンデー」とNHK「マイコン入門」で学びました。
前者はMZ系を使用してましたが、後者はPC8001を使用していましたね(当時厳格だったNHKなので「機種X」と言い張ってましたが…)。
これもあって、N-Basicは自分のBasic知識の基礎になってました。

そのうち、友人がPC8001を購入し、彼の家に入り浸ってベーマガなどのプログラムを打ち込んだり、市販のゲームを遊んだりしたもんでした。
なので自分で持っていたわけでもないのに、PC8001に並々ならぬ思い入れがあるわけなんです。

もっとも後日、自分ではSharpのX-1を買ってしまったんですけどね…。あれはいいマシンだった…(おい)。

いやでも、デザイン的にはX-1はあまりそそらないですね。むしろMZ-80とかの方がカッコイイ。PC6001とかもイイですね。

脱線した…PasocomMiniに話を戻そう。

PC8001の懐かしのN-Basicを動かしてみる。

PC8001は、立ち上げた瞬間から、Basicを入力可能です。
(MZ系のクリーンコンピュータでは、カセットでBasicを読み込む必要があった)

Pcmini13

試しに、For-next文のプログラムを使ってみた。
JavaScriptとかのFor文に慣れてしまった昨今だが、意外と思い出せるもんですね。

Pcmini12

もう少し凝ったプログラムを打ってみました。

色々な色のイナズマ的なものが、10回描かれるプログラム。
(上の絵は実行後にList表示したものなので、実際の実行時の画面とはちょっと違ってます)
今見返すと、FOR-NEXTを使ってもよかったのかな? 中でGOTO使ってるんでまずいかなと思ったのですが大丈夫そうだな… 

すっかり忘れてましたが、N-Basicで画面消去のコマンドは、CLSではなく"PRINT CHR$(12)"なんていうマジックワードだったんですね。昔のベーマガを引っ張り出してきて、ようやく思い出しました。

あと、ドットで線を引くLINE文は、PSETと描かなきゃいけないのも忘れてて四苦八苦しました。
一応、PasocomMiniの機能でF12でリファレンスが表示されるんですが、ざっくりなので必要なことを思い出すにはやや心許ないです。

TIPSですが…
間違った箇所を直す際に、基本上書き入力で困ったんですが、INSを押しても挿入入力にならない。結構悩みました。
正解は、SHIFT+DELに相当する SHIFT+Bkspを押すと、そこでスペースが挿入される…という仕様だったようです。本物からそうだったっけ?

PasocomMiniには、当時のゲームが20本くらい同梱されています。(最近、Namco系のゲームが3本追加された…と言ってもPC8001なんで、再現性はあまり期待しないように・笑)

F12でゲームのモードに切り替わります。

Pcmini10

いかにも当時の雰囲気の懐かしい感じのゲームばかり。
PCGを使用して、キャラクターのグラフィックがちゃんとしてます。

Pcmini09

平安京エイリアン。これはかなり再現性が高い!

私のキーボードが、テンキーのないものだったので、ゲームをプレイする際には、Numlockで擬似テンキーモードにしないと遊べないのですが…キーボードのNumlockキーが動作せず…。
F9のMACHINEモードのNUMLOCK ONにすればNumlock状態に切り替わります。(しかし面倒臭い)

※ 要は、テンキー付きのキーボードにすべきということでした。USBキーボードはこれ用に買ったのだが…失敗でした。

ゲームパッドも使えるらしいのですが、USBハブで繋いでも動かなかったな。パッドがRetroFreakの使い回しだったので合わなかったのか?

PasocomMiniまだ使い始めたばかりですが、色々遊べそう。
まあー、今更PC8001とかBasicとか励んでみても、人生の無駄としか思えないのですが…
最近、HTML5(Javascript)の方で作ってたゲームが、行き詰まってしまって(ちゃんと仕様を確立しないうち、行き当たりばったりに作り始めるからだ)、現実逃避してるというのが本当のところ…。

(2020.10.6)

|

« 大むかしの海&おまけ | トップページ | デジタルフォトフレーム が結構使える »

ゲーム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大むかしの海&おまけ | トップページ | デジタルフォトフレーム が結構使える »