« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年末

2020年は、自分にとって今後10年〜経っても記憶に残る年になるでしょう。10年後の自分にこの記録を残します。

コロナ禍ということ、そのほか個人的にも様々良くないことのあった年でもあり、ありがたくない意味で記憶に残るという面もあるのだけど、それ以上に…

コロナをきっかけとした、「在宅勤務」という制度がこの世界に出現(定着)した年になるわけです。

これは、パラダイムシフトですよ。
インターネットは普及して、リモートで仕事ができる下地はすでにありましたが、重力に魂を引かれた人類は、それに尻込みしていました。

それがコロナによって、半ば強制的に実現してしまったのです。

そして運よく(?)、自分はその恩恵に預かれる状況にありました。
今まで毎日、苦痛を感じながら続けていた電車通勤を、しなくて良くなりました。こんな社会になるとは予想だにしていませんでしたよ。

コロナによる変革は他にも起こるのではないか…その可能性を感じています。

今年、10万円の一律現金給付が実行されました。前代未聞です。
コロナ禍がまだ続くとしたら、再度行われる可能性もあります。

これは正しいことなのかどうかはわかりませんが…
この前例は、ベーシックインカムの布石になるのでは、とも感じています。

この影響もあってか、株価が爆あがりしています。
本日2020.12.29には日経平均は27000円を突破。バブル期以来29年ぶりです。
しかも、今回は(今回も?)実態はよくわからない。
多くの企業はコロナで苦しんでいるはずで、投資にどんな期待ができるのか、シロウトの自分にはさっぱり。
(職場の投資に詳しい人によると、給付金も含め富裕層の行き場のなくなった資産が回っているのではないかと言ってるが)
しかし、これがバブルである可能性はないのか…?
だとすると、来年にはどうなるのか…。

一方、コロナという危急事態で、止むを得ない所とはいえ…
「政府の2020年度の一般会計歳出は、3度の補正予算編成に伴い総額175兆円超と空前の規模に膨らむ。新型コロナウイルスの影響で税収が落ち込むため、歳入に占める国債依存度は初めて60%を突破」
「20年度の国債発行額は、前年度の3倍超の112兆5539億円に達する。赤字国債だけで約90兆円」
(時事コム より引用)

反緊縮派は、(緊急事態かどうかも関係なく)政府支出増大は問題無いと豪語するが…個人的には鵜呑みにはしてません。

「そう思う」だけだと論拠薄なので、調べた範囲のソースを書くと…

・国債には返済期限が切られている(当たり前)。最長でも60年で全額税金で返済する必要がある。
60年召還ルール=特別会計法42条第二項によるもの…らしい。

・MMTやリフレ派は、国債も無限に出せるわけではなく「適正なインフレになるまで(2〜3%か)」という。
では、インフレを達成したら財源はどうするのか?
「そこで増税すれば良い」というのは甘いと思うぞ。2%の消費増税だってあれだけ揉めたのに。

もしこの予測が正しかった場合、今後60年の間この負債がじわじわ効いて来るはずだが…

いや、予想が外れることを願っていますよ。
もし問題ないと判明すれば、それは「ベーシックインカム」の財源も心配の必要がなくなり、実現の可能性が高まるということだから。

もう一つ、最悪の予想をするなら…
コロナ禍というものが、最終的に完全には収束しないのではないか。

ワクチンは開発されたので、可能性的には収束に向かうとは思っているのだけど…
新型コロナがインフルやいわゆる「風邪」に似たものなら、変異は繰り返し、毎年蔓延する。
既存のワクチンが効かないタイプが、毎年発生したりしたら…もう、本当の意味で共存するしかない。
経済活動は維持して、弱い人(老人、既往症のある人間)は「淘汰」される世界になるのではないか。
コロナはある意味、増えすぎた人類に対する「地球」の送り込んだ、ゲームバランス的なイベントだったのではないか…。
 
…と、今年は今後の未来を占ういくつかの事象が発生した年とも言えるわけで、10年、20年先が明るくなるか暗くなるか、あとで思い返すと今年にそのターニングポイントがあった、となるのではないか…
なんて思う年末なのでした。

(2020.12.29)

| | コメント (0)

アストロシティミニ

ちょっと早めの、自分へのクリスマスプレゼント。

(今年は、クリスマスネタは無し!というかこれ!)

 

【 アストロシティミニ  】

かつてゲーセンで一斉を風靡したセガのゲーム筐体「アストロシティ」をミニチュア化し、36タイトルのゲームを収録したミニゲーム機。

発売が報じられた際に、予約してしまいました。発売日はつい最近の12/17。

Astromini01

懐かしいっすねーこの形状。
一時期、ゲーセンはこればっかりでしたけどねー。それも今や昔。ビデオゲーム筐体なんてほとんど存在しない今のゲーセン。
かろうじて、あるのはガンダムくらいか。
もっとも個人的には、テーブル筐体の方が懐かしくて好きですけどね。

これ単体でも当然遊べますが(USBで電源接続は必要)、HDMIケーブルを繋いで大画面TVでも遊べます。
先日買ったデジタルフォトフレームでもちゃんと遊べるぜ!

さらに、USBのパッドを繋いで遊ぶこともできます。メガドラミニのパッドがちゃんと使える(6ボタンだし)というのも気が利いてるね。

遊べるソフトは…まあとにかく、昔のセガのアーケードゲームがたくさん入ってます。

個人的に嬉しいタイトルは…

  • スペースハリアー
  • ファンタジーゾーン
  • エイリアンシンドローム

(どれも、別ハード版を既に持ってるんですが…特にエイリアンシンドロームは大画面で遊べる移植版としては貴重)

あと

  • カルテット2
  • ゲイングランド
  • エイリアンストーム
  • ラッドモビール
  • コットン

あたりかな。これらは持ってないし。

他にも、バーチャファイター、ワンダーボーイモンスターランド、SHINOBI、サンダーフォースACなどなど…
嬉しい人は嬉しそうなソフトも。
ドットリクンなんていう、昔のPCゲームみたいな謎のヘッドオンタイプのゲームも入ってます。

いい製品なんですが、不満も少しあり。

まず、難易度設定がない。しかも全体的にやや難しい難度設定になってる気がする。
「いつでもセーブ/ロード」ができるんで、なんとかすれば、いつかはクリアはできそうですが…そういう問題じゃない。

あと、音量設定が設定画面でないとできないのは面倒。音量ボタンくらい欲しかった。

あと、収録タイトルがなあ…。
フリッキーや忍者プリンセスなんてアストロシティ以前のオールドタイトルもあるんだから、もっとその頃のセガタイトル入れて欲しかった。
ミスターバイキングとか、テディボーイブルースアーケード版とか(これは版権的に無理か…)

てなところもありつつも、基本楽しめてます。
まだ全部ゲーム遊べてないです。
これからゆっくり堪能します。

(2020.12.22)

| | コメント (0)

Motorola G9 Play

最近、スマホの電池が膨張していることに気づき、スマホを新調しました。
いつ爆発するかと(笑)ハラハラしてましたが…(と言いつつ、まだサブとして電源入れてるけど)

他にも理由はあって、半年くらい前か、カメラの前面ガラスがなぜかバキッと割れてしまったんですよね。
中央から弾丸に撃ち抜かれたのように。前ポケットにずっと入れていて、落としたりもしていなかったのですが…。いまだに謎です。

あと、最近ゲームアプリをいくつかDLした際に、リッチなムービーシーンでフリーズするようになってしまったこと。
ゲーム自体はプレイできたんで、大方問題ないとはいえ、もう時代についていけてないのかなと。

前の機種を使い始めて2年ちょい。それまでの2機種は1年程度で買い替えになっていたので、まあ成績はいい方か。
…にしても、世間の方々もこんなペースで買い替えてるのかな…。だとしたら、スマホは世間の可処分所得を食いつぶしてるなあ。

今回もASUSでも良かったんですが…あまりにワンパターンなのでちょっと目先を変えようと思い…
良いのがないか探している中で、Motorolaのスマホが目に付きました。

Motorolaといえば、Mac最盛期のPowerPCを思い出し、なんか懐かし良いイメージがあるんですよ。
もっとも、現在レノボの子会社になってるらしいので、厳密には中華系スマホってことになるのかもしれんけど。

機種的には、Moto G8 Power と Moto G9Playで少し迷った。

前者のCPUは、Snapdragon 665 。後者はSnapdragon 662ってことで、前者の方が性能良さそうに思えるんですが…
ベンチマーク比較すると、G9Playの方が速いらしいんです。その他にも新しい分優れてるってことでG9Playの方に決定。

【 Motorola G9 Play 】

20000円台ですよ。前の機種が40000円台で、それよりもスペックも上がってるって考えると、安いなあ。
こういうのもデフレって言うんですかね?

しかし…モトローラって、世間的にはASUS以上にマイナー機種って感じもしますな。
なんでついついマイナー機種を選んでしまうのか…。

Motog9play01

Motog9play02

背面はブルー。
サイズは前機種とほぼ同じくらい。
透明なスマホカバーは初めからオマケで付いてきました(わかってたのに、つい別のも買ってしまった)。

使ってみた感想ですが…

移行はいつも通り、基本的にはスムーズに進みました。まあ、細々と手間もかかるんですけどね、これもいつも通り。
今まで遊んでいたアプリをプレイしたところ、流石に以前よりもロードや動作が早くなりました!

画像も精細で鮮明ですね! 
前機種よりもスクリーンが縦に長いです。個人的には画面比をコロコロ変えるのはやめてほしいんですが。

カメラもなかなか高性能らしい。実際撮った写真は綺麗に見えます。前機種と比較したわけじゃないので差はまだ良く分からないけど…。

本当は、SDカードを本体メモリ化しようと思ってたんですが(前機種ではそれができなかった)、よくよく調べたところ、それをやってしまうとSDカードを別機種で使用できなくなったり、ちょっと不都合もあるようで…保留しました。

大方問題なく使えてるんですが…いくつか不都合も。

まず、アンロック時にジェスチャが使えなくなったこと。普通にPINを使うことになりますが…あれになれるとちょっと面倒。
指紋認証とかもありますが、感度悪くて一発で開けないことも多いんですよ。

機種の問題かOSが新しくなったからか分からないけど、ホームとか、戻るとかのタッチボタン(アイコン)がなくなったんですね。
フリックなどのジェスチャで、同じ機能ができるんですが、ボタンタッチよりも判定がアバウトなので、一発で思うように動かなかったりするのが少しイラっとする。

あと、なぜかGmailアプリに、Niftyのメールアカウントを登録できない。「アドレスかパスワードが違います」と言われてしまう。
以前の機種と同じものを入れてるつもりなのに…はて? もう少し調査が必要。

そんな程度のことはあれど、今のところ大きな問題はなく、機嫌よく使えてはいます。

が…せっかく、電子機器の新調なのに、あまりワクワク感がないのは何故なんだろう。

もう、スマホも単なる「道具」としか感じられなくて、「前のが古くなったから新しくした」程度の感覚なのかもしれない。
(むしろ、少し前にSurfaceGoを買った時の方がワクワクがあった)

あとはデザインの好みかな…。デザインで行くとZenFone2Lazerの頃が好きだったんですよね。
最近の機種はやけに細長くて四角い。まあ、実用的にはその方がいいんでしょうけど。

さて、今回の機種は、どれだけ長持ちするかな。頑張ってくれ、モトローラ!

(2020.12.15)

| | コメント (0)

カプセルトイ カマキリとクモ(フィギュア)

最近ゲットしたフィギュア。

今回は2種類とも、嫌いな人が多いムシかもしれない。閲覧注意かも。

【 生き物大図鑑 オオカマキリ 】

バンダイの巨大昆虫シリーズ。

話題になった「ダンゴムシ」のほか、「スズメバチ」、「クワガタ(これ記事にするの忘れてた)」とか、これまでにも色々出てましたが…

その最新弾です。

1回500円。

シリーズは

  • 緑色型 腹部通常版
  • 褐色型 腹部膨張版
  • 褐色型 腹部通常版
  • 褐色型 腹部膨張版
  • 羽化直後

いつものごとく、コンプは狙わず運試し。

「褐色型 腹部膨張版」が出ました…!

…ほんとは緑色型がよかったけど…。

Kama01

でも、褐色型も子供の頃よく見たし…これはこれで…出来がいい!

付属のスタンドでディスプレイします。

Kama02

目に「擬瞳孔」も再現! 凝ってるー! 

腕の関節、足の関節、首、羽が可動。腹部もいくつかの節でできています。

Kama03

上から。かなり本物。

Kama06

羽根を開いたポーズも。(後羽根は、後から取り付け)

Kama07

先日の「モヤさま」の道中、カマキリが出てきましたが、まさにこの「褐色型 腹部膨張版」でしたね。
偶然〜。

【 カプセルQ クモコレ 】

海洋堂。「イモコレ」の流れのシリーズで、クモ版。
これこそ、嫌いな人には衝撃のアイテムかもしれん…。

1回400円
2回やってみました。

実際はストラップがついているんですが、簡単に外せて純粋なフィギュアとしても楽しめます。

Kama08

タカアシグモ!

こ、これはリアルだ…。おおよそ実物大かな。嫌いな人は卒倒モノですね。
私も実物は数回しか見たことないですが。

Kama09

背後から…。

ゴキブリを退治してくれるからか、一部では「軍曹」とも呼ばれてますね。
(説明書でもそのことに触れられてて笑った)

Kama10

腹側…。

死んでるの見たことがあったけど、確かにこんな感じ…。
クモ好きの自分でも、ちょっとゾワリ感…。

Kama13

ヨダンハエトリ。

ハエトリグモの仲間。実物よりかなりデカイ。

Kama12

色が派手で「映える」から、これが選ばれたんだと思うけど…。

個人的には、シラヒゲハエトリとか、アンダソンハエトリの方が馴染みあってよかったなあ。

Kama14

顔のアップ。
ハエトリグモは、この目がいいですよねぇ〜。カワイイ。

ちなみに、オスだなこれは。

このシリーズは他に

  • コガネグモ
  • トリノフンダマシ(色違い2種)

がラインナップ。
コガネグモは、滅多に見かけないし、網を張るクモの中では一番好きなので、これも欲しかった。

(2020.12.8)

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »