ゲーム

データイースト クラシックコレクション

ようやく入手出来ました…

【 データイースト クラシックコレクション 】

本当だったら5月頃…日本発売直後に入手していたハズなのに、初期不良で返品…
直後、入荷未定になってしまい、指を咥えているしかなかったのですが…

最近ようやくAmazonに復活、値段も10000円ちょっとと手頃になっていたので、購入を決めました。

今度は、さすがに問題なく遊べましたよ(笑)。

De01

今はなき、DATA EAST(以降DECO)のゲームが、34本入っています。

これは嬉しい。海賊版でないところも重要。

De02

実機内での名称は「MY ARCADE DATA EAST CLASSICS」となっている。

昔のアップライト筐体を模したこのデザインが、飾っているだけでもワクワクしますよねぇ。

レバーは脱着可能で、パッドとしても遊べます。

De03

選択画面。

シューティング、アクション、スポーツなど様々なジャンルのゲームがあるんですが

個人的に思い入れのあるタイトルは…

  • Dark Seal
  • Darwin 4078
  • Karate Champ(空手道)
  • Lock'n Chase
  • Burger Time
  • Rootin Tootin(ラッパッパ)
  • SRD -Super Real Darwin-
  • Tumble Pop
  • Wizard Fire
  • Zaviga
  • B-Wings
  • Burnin' Rubber

思い入れのあるタイトルだけでもこんなにある。お得感!

「ラッパッパ」は、当時の近場のゲーセンでは見かけず遊んだことはなかったんだけど、雑誌記事で見てずっと遊んでみたいと思っていた。

-----

(余談)思い入れのあるタイトルでもないが

Midnight Resistance(英語版)の

「Dad,Mam,Sis,Please be Careful」というのが、結構ツボにはまった。

日本語版の「父よ、母よ、妹たちよ!生きていてくれ!!」の訳だと思うんだが…英語としてどうなんだこれ?

-----

タイトルとしては、ベルトアクション率が高いような気がする。
DECOのベルトアクションにはあまり思い入れないので、あまり嬉しくない。
それなら、古いゲームをもっと入れてくれてもよかった。

あと、チェルノブなど一部の有名タイトルも入っていない。
どうやら、作品によって権利者が違うものがあるようだ。

ところで、お気に入りタイトルの中でも、私が特に遊びたかったのはコレです…

De04

「ザビガ」

De05

ゼビウスに影響を受けた、縦スクロールシューティングです。

グラフィックが美しく、謎めいたフィーチャーも色々あって、昔も好きでした(下手だったけど)。

このタイトル、これまでコンシューマに移植されておらず、(疑惑の)Internet Arcadeにも存在しないので、ずっと何らかの形で遊びたいと思ってたんですよ。今回念願が叶って、それだけでも嬉しいです。

ってことで、満足満足、連日遊んでます。

…ですが、不満な部分もなくはないんですよ…というか、色々あります…。

◆ ディスプレイが横長画面なので、一部ゲームは絵が潰れてしまう

私のお気に入りのシューティング系などオリジナルが縦画面のものは、見た目が変になるし、縦横の移動スピードが変わってプレイしにくい。おそらく、ベルトスクロール率が高いから、そっちに合わせたんでしょうね。まあ、これは買う前から分かってたことですけどね。

◆ レバーとボタン

レバー(パッド)が、やや操作しにくいです。特に斜めが入りにくい。
まあでも、操作に関しては元々さほど期待してなかったので、まだ良いんですが…
ボタンの配置が、オリジナルと逆っぽい。普通内側(A)がメイン攻撃、外側(B)がサブ攻撃(またはジャンプなど)だと思うんだが、逆なんです。これはやりにくい。欧米ではこっちが主流だったりするのかな。コンフィグもないので、どうしようもない。

◆ サウンド

オリジナルのサウンドが再現されてはいるんですが…音飛びとか音遅れがしばしば起こります。
まあ、DECOのサウンドには、そこまでこだわりないんで(おい)許しますが、これがnamcoゲームだったら、1音違っただけでも激怒してるかもしれない。その意味ではこの商品、決して愛のある移植版とは言えないですね。

筐体自体への不満は、そんなところです。

が、それとは別に、久々DECOゲームを遊んでみた感想としては…

DECOゲームって、アイデアはいいのに、バランスとかレベルデザインがいまいちなのが多い印象。
初っ端から敵が全力攻撃してきて、あっという間に死亡するようなゲームが多い気がしました。

アーケードなのでインカムに厳しいのはわかるんだけど、ステージ1(または、初めの3分くらい)は、初心者でもすんなり遊べるように作ってくれれば、もう少し評価されたんじゃないかと。(そのあたり、namcoのゲームは、上手かった)

このシリーズで、namcoアーケード版も欧米では売られているらしいですが、こんな感じで日本発売してくれないのかな。
まあ、出来にもよりますが…。

(2020.8.31)

| | コメント (0)

コウガイビル

先月は雨が多かったですが、そんな折、近所で懐かしいヤツに出会いました。

(虫注意!)

 

【 コウガイビル(笄蛭) 】

Kogai01_640
(下が頭です)

Kogai02_640
(同じ写真じゃないよ。ちょっと頭が動いてる。動きはすごくゆっくり)

コウガイビルって、存在を知らない方も多いんじゃないかな。

さほど珍しい生き物ではないようですが…私もここ何十年も見かけませんでしたし、
生き物掲示板等ではちょくちょく「この生き物は何ですか?」と質問が出るランキングTOP3の一つではないかと。
(ちなみにあとの二つは、ハナアブ幼虫と、カツオブシムシ幼虫)

扁形動物門ウズムシ綱ウズムシ目コウガイビル亜目コウガイビル科コウガイビル属
クロイロコウガイビル(正式名称)

生き物好きには、しばしばKGBと略されたりします。
ある意味親しまれてもいるんですね。

ヒルという名前がついてますが、分類を見る通り、ヒルの仲間(環形動物)ではなく
プラナリア(ウズムシ)に近い仲間(扁形動物)です。

プラナリアははっきりした目もあってカワイイですが、コウガイビルは目が無いように見えて不気味ですね…。
(生き物好きな私でも、ちょっとキモチワルく感じます…)

コウガイというのは、公害でも郊外でもなく、「笄(こうがい)」という髪結い道具のことだそうです。形が似ているそうで。
子供の頃は「郊外(にいるから)」だと思ってた。

Kogai03_640
(左に曲がった)

久しぶりと書きましたが、以前に見たのは(記憶の限りでは)小学生の頃です。
群馬県の館林に住んでいた頃に、よく見ました。それっきり今になるまで出会ってなかったですね。

今、南埼玉に住んでるんですが、暖かく沼が多くてじめっとしている気候は、舘林と似ているかも。

コウガイビルは、ナメクジを餌にしているようです。
梅雨の頃、この辺りで異常にナメクジが出ているのを見かけてました。
で、その直後同じあたりで、コウガイビルも見つけたのでした。
そういや、舘林にもナメクジたくさんいましたね。

コウガイビルは、プラナリアと同じ仲間なので、口は長い体の中央あたりの、お腹側にあるらしいです。
ナメクジを見つけると、絡みつき、お腹から口を出して飲み込むらしいです(見たことはないけど)
プラナリアの再生実験 )← 後半、プラナリアの食餌の絵あり

実は以前、Flashでコウガイビルをフィーチャーしたゲームを作ってました。
(現在、Flashを許容するブラウザがほぼなくなったので、プレイできる環境の方はほぼいないと思いますが…トホホ)

ニョロン

Nyoron
(画面写真)

ゲームとしては、よくある蛇ゲームのキャラをコウガイビルにしただけですけどね。
(で、「トロン」のライトサイクルゲームっぽいので、タイトルがニョロン…安直!)

このゲーム作ったときには「クロコウガイビル」だと思ってたが、実は「クロイロコウガイビル」だった。
なんで間違えたかな。もしかして、名前変わった?

(2020.8.4)

| | コメント (0)

Switchコントローラー 新調

Nintendo Switch、少し前にJoyConの自前修理をして、そちらは調子良いのですが…

今度は、以前に買った、ミニパッドのアナログコントローラーがヘタってきて、操作しないのにキャラが勝手に動くように…。
PS2とかPS4とか散々使ってもコントローラーがヘタるなんてことはなかったのに、Switch関連は脆弱だな。

まあ、ミニパッドは小さいところは良かったものの、毎度Switchのペアリング操作をしなければならず鬱陶しかったこともあり、この機に買い換えることにしました。

前は家電量販店で買ったのですが、今回は安易にAmazonで買うことにしました。

正規品は高額だし、JoyConが壊れた恨みも込めて、互換品にすることに。
ユーザー評価や値段を参考にして…

 

値段は3000円程度。以前買ったミニパッドと大差ない。
評判もまずまずのようです。

って、ことで注文。

Switchpad01

パッケージ。

Switchpad03

現物。なかなかデザインもかっこいい。
ちょっとPSパッドのパチモンくさいけど、それはそれで使い慣れてるのでよい。

使ってみた感想は…なかなか快適です!

まず期待通り、ペアリングは一度しておけば、次からはホームボタンを押すだけで認識してくれます。
これはかなり使い勝手いい…というか、これが普通だろう? 前に買ったパッドはなぜあんな仕様だったのか??

アナログコントローラーの操作感もしっかりしてて良いです。

また、前のコントローラーにはなかった、連射ボタンも付いてました。
シューティングゲームで試してみましたが、設定も簡単で、ちゃんと連射できました。

ちょっと振動が大きめに思いましたが、振動強度(連射速度も)は調整できるようです。

やはりサイズが大きくなって重くなった点はマイナスですが、コスパ、デザイン、性能を総合的にみて満足。
少なくとも、前に買ったミニパッドよりは全然良い製品でした。

ちなみにこれ、中国製らしいのですが…もはや中国製=粗悪品とは言えない時代になってますな。

細かいことを言うと、マニュアルの日本語訳がちょっと変。
コントローラーのペアリングの説明で…

「最初に接続する時、数回試しても繫がれずなんか不安です」(ママ)

マニュアルが不安っていうな(笑)。
意訳すると「最初繋がりにくくて不安になるかもしれないが、数回試してください(Switchの仕様)」ということのようだ。
まあ、おそらく機械翻訳でしょうな。
こういうところで、コストダウンしているのかも。

(2020.7.21)

| | コメント (0)

Rolly Polly Putter 「ダンゴムシパター」

 

Rpputter_sc01 Rpputter_sc02

【 Roly Poly Putter 】(ダンゴムシパター)

※ Cocologの仕様変更により、ブラウザで直接遊べる形でアップロードできなくなりました。
 遊びたい方は「遊び方」をご参照ください

【 ストーリー 】

遠出しすぎて巣穴に戻れなくなってしまったダンゴムシくんを、うまく転がして、巣穴に帰してあげよう!

【 ルール 】

  • ダンゴムシを転がして、「巣穴(ゴール)」に帰してください
  • 巣穴は、スピードが速すぎると、通り越してしまいます。
  • 1回転がるごとに、LIFEが減少します。LIFEが0になるとゲームオーバー
  • 画面外に出たり(OB)、クモなどの捕食者に捕まったりすると、ミスとなり元の位置に戻されます
  • ステージをクリアすると、残りLIFE+ステージのボーナス点がSCOREに加算されます
  • LIFEは次のステージに引き継がれ、ステージごとのボーナスLIFEが加算されます
  • 16ステージ以降はランダムに自動生成されたステージになります

<オブジェクトの説明>

草むら  :停止します
石、丸太 :反射します
砂地   :スピードが落ちます
水たまり :ある程度の速度であれば通過できますが、スピードが落ちると水没してミス
アリジゴク:穴に落ちるとミス
クモ   :接触するとミス
キノコ  :触れると縦方向に強力に跳ね飛ばされます
四葉のカタバミ:LIFEとSCOREが増えます

【 操作方法 】

  • 画面をタッチ→ドラッグ→放す:ダンゴムシが転がります。ドラッグ距離が大きいほど、より遠くに転がります
  • 画面の右端をドラッグ:ステージが縦長の場合、スクロールします

【 遊び方 】

まあ、わざわざDLまでして遊びたいと思う猛者もいないとは思いますが…一応DLして遊べるようにはしておきます。

HTML版 (ブラウザでのプレイ)

ダウンロード - rolypolyputter.zip

ダウンロード後、Zipを解凍し、"Start_RPP00.html"をクリックするとブラウザでプレイできます。

※ Chromeでは、ちゃんとサウンドが同期しますが、Safariでは音が少し遅れるようです。その他のブラウザは未確認。

Android版 

ダウンロード - rppatter.apk

AndroidスマホにDLして起動すれば、プレイできます。

※ GooglePlayストア以外からのアプリのDL・起動には、Androidシステム設定の変更など行う必要があります。
 方法は敢えてこちらには書きません。

【 その他 】

ひさびさのHTML5(JAVASCRIPT)ゲームです。

もともとパットゴルフみたいなものを作りかけてたのですが、多忙になってしまったことと、目新しい+αネタが思いつかなくてテンション上がらず、長い間止まっていました。

そこにダンゴムシブームがやってきて「あ、これがネタになるんじゃないか」と、ちょっとテンション戻り再開。
その後も遅々としながらも、ようやく完成にこぎつけました。
ダンゴムシのドット絵を描くのは、面倒ながらも楽しかったですわ。久々に割と真面目にドット絵描いた気がする。

完全に「出オチ」のゲームです(苦笑)。自分でいうのもなんですが、ダンゴムシという以外は、特に目新しいところもなさそうな。
そういえば、昔アーケードで「マリンデート」というゲームがあり、他にないタイプのゲームでなかなか面白かったのですが、そのオマージュでもあります。「マリンデート」はトラックボールでしたが、スマホのドラッグでも、まあまあ同じゲーム性を再現できたと思います。
でも、やっぱり本家の方がなんか面白いっすね。いや、オブジェクトバリエーションとかレベルデザインなど、本家よりちゃんとしてるんじゃないかと思うんですが…なんだろうこの違い。ライフ制とか、余計なことをしてるからかな…。普通に打数制にした方がよかったのかも。

前回も言及しましたが、ココログではBlog上で遊べる形でアップできなくなってしまったので、今後どうしようか考え中です。
最近はゲームをアップする頻度も落ちてきたので、現状でもさほど支障ないといえば無いんですが、本来の意義を考えるとこのまま続けるのも不本意だし…。
やはり、引越しを考える潮時なのか…!?

(2020.7.14)

| | コメント (0)

最近知った、すげえこと

本当はもっと前から知っててもおかしくなかったのに、最近になってようやく気づいた、コンピュータ・ゲーム関連の事実3つ。(ある意味恥ずかしい)

ボードゲームアリーナ (BGA)

様々なボードゲームを、ブラウザでネットを介して、多人数で対戦できてしまうという、夢のようなサービスです。

前々から知ってはいたんですよ。けど、ちょっと気後れして遊んだことはなかったんですが…。

このコロナ禍で、月々参加していたリアルボードゲーム会ができなくなり、自粛直後から主催の方がBGAでの会を催してくれてたんですが…

これまで仕事が立て込んで、休日の予定も不明確(テレワークなのに)だったことと、なるべく事前に下調べしなきゃと思いつつできてなくて、迷惑かけちゃ悪いと思って、遠慮してたんです…。

それが最近、仕事の方が一段落し、事前に調べる時間と心の余裕もできて、ついにBGAを初体験することができました。

すげーわ、これ。

あくまで、対人戦をサポートするツールなんですが…

クリックだけで、ダイスを振る、駒を置く、カードを選ぶなど、ほとんどの操作ができてしまうし…
コマの配置、チップの回収、点数計算など全部自動でやってくれます。

同じゲームを遊んでも、リアルでやるより時間が半分くらいに短縮できるんじゃないかな。
先日も、4時間程度の間に(ライトなゲームが多めだったにせよ)、4種のゲーム、のべ10戦くらい遊べましたからね。
リアルじゃありえない。

説明書のフォーマットが統一されてなくてちょっとわかりにくいとか、チュートリアルのUIが今ひとつ使いにくいとか、完璧とまでは言わないけど、遠くの友達と気軽に色々なゲームが遊べてしまう、ほんとに夢のようなサービスです。
(説明書の翻訳などは、有志がボランティアでやってるみたいです)

しかもこれ、プレイ無料なんですよ。どういうカラクリ…もとい、ビジネスモデルなんだ?

パッと見たところだと、サブスクのプレミアム会員というのがあって、会員しかできないゲームがあり、そちらで収益を得るシステムのようだけど…。無料ゲームだけでも山ほどあるし、許諾しているメーカーも太っ腹だよなあ。

せっかく使い方も慣れたので、今後もちょくちょく遊ばせてもらおうと思います。
(でも、やっぱりゲームのルールは、事前に覚えておかないといかんですね。テンポ早い分ガンガン進んじゃうので、1戦終わるまでにルールの理解が追いつかない)

 

【 Surfaceサブディスプレイ化】

会社ではノートPCとサブディスプレイを使い、マルチディスプレイ状態で仕事をしていたんですが、在宅勤務になってノートPCのみで作業せざるをえなくなって、時折画面が狭いなあと思うことがありました。

が、最近になって、Surfaceを簡単にサブディスプレイとして使えることを知りました。
(ただしWindowsに限る…なので自分のMacでは使えないのが残念)

手順としては…(メモ)

BloeToothでの無線接続なので、双方BloeToothをONにします。

◆ Surface側

・システム>このPCへのプロジェクション
 「このPCは、電源に接続されている場合のみ…検出できます」をONに

・「接続」アプリを起動(検索で接続アプリを検索すれば見つかる)
  頻繁に使う場合、タスクバーにピン留めしとくと便利です。

これで準備OK

◆ メインPC側

・ 設定>ディスプレイで、マルチディスプレイ設定を行っておきます(表示画面を拡張する)
・ 画面右下のフキダシ(通知)アイコンをクリック
・ 「接続」をクリック
・ サブディスプレイの名前を選択する

これで、メインPCのデスクトップがサブディスプレイの方まで広がります!

表示速度は遅いです…少なくとも私のSurfaceGoでは。
でも、サブの画面は参照用で、たまにコピペするくらいであれば、あまり問題ありません(実際そういう用途に使った)

便利ー!
Surface、またひとつ自分の心の評価が上がったぜ!

 

【 JavascriptのClass】

遅々として進まなかった趣味のバカゲーム作りが、最近ようやく進捗しつつあるのですが…

そんな今になって、JavascriptにClassの仕組みがあることを、今更知りました…。
だって、覚える時に読んだ参考書で、Classなんて一言も触れてなかったんだもの。

たまたま、ふと思いついて、enchant.jsの衝突判定(これも知らなかった)を検索したら、そこに書いてあって気づきました…。

基本は

class NAME {
 constructor(a, b) {
  this.a = a;
  this.b = b;
 }
 関数(){
  ……
 }
}

おぼろげにActionScript3.0を使ってた時の記憶が、蘇ってきますね。
継承とかもできるんだろうか。

別になくたって、今までもなんとかやりたいことはできてるんですけどね。
でも、Classが使えると、もう少しエレガントにスクリプトが書けそうです。

今、改めてavascriptのClassについて調べたら、どうやらClassは最近導入されたようでした。
なるほど、私の買った参考書が書かれた頃には、きっとまだなかったんだな。

と言っても、それももう何年も前らしいですが。
全くの独学なもんで、まあまあ使えるようになってからは、あまり調べることもなく、知識がアップデートしてなかったんです…。

今後はガンガン使っていこう。(今回は、もういいや…)

(2020.6.23)

| | コメント (0)

仕事猫

緊急事態宣言が解除されて、埼玉県深谷のレトロゲーセン「ゲームミュージアム・ロボット」が再開したと聞き、「県境越えしないレジャー」を楽しみに行ってきました。

目的は、もちろんレトロゲームで、これもいろいろ楽しみましたが…
直前、ツイートでとあるカプセルトイ(ガチャ)が入荷したという報も聞き、それも目当ての一つでした。

【 仕事猫 ミニフィギュアコレクション 】          

これ、一度どこかで見かけたんですが、その時にはすでに売り切れで、それ以来全然見たことありませんでした。
しかし、これが今回、ロボットにはなんと3台も入荷してました。
もう、回し放題! (って、回したのは3回だけど)

ちなみに1回300円。お手頃! (イラストやさんのフィギュアは500円なのに…)

Sigotoneko01

「ヨシ!」
ネットで出回ってる絵とは(複雑な事情で)微妙に違うけど、これはこれでヨシ!

Sigotoneko03

「ご協力をお願いいたします。」

立て札つき。

Sigotoneko02

「何も考えていない」

フィギュアのデザインて、仕事猫LINEスタンプが元ネタかと思ったら、そうでもなさそう。
このフィギュアのオリジナルデザインなのかな。どれもハズレない良い感じ。

全5種ですが、この3種が出たところで満足してやめました。(コンプ派じゃないので)

 


これも見つけて、ついやってしまった。

【 ガシャポンサウンド ジャンケンマン 】

Sigotoneko04

こういうコインゲームが、ゲーセンにあった(ある)んですよ。
わたし的には「懐かしい」って感じですが、どうやら今もある所にはあるらしい。

「じゃんけんポン、あーいこでしょー」というボイス(子供の声)が出ます。
この声が特徴的で、あまり遊んでなくても、耳に残るんですよ。
そのボイスが、そのまま収録されてます。

ラインナップは4種類あるんですが、音声が若干違う。

自分が当てたのは「じゃんけんポン、あーいこでしょー、あーいこでしょー、ズコー」バージョン。

この他に、もう少し短いもの、長いもの、当たりバージョンがあるが、↑が一番当たりかも。

(2020.6.2)

| | コメント (0)

Amazon返品

本当なら先週の土曜日には、先月からAmazonで予約していた

レトロアーケード <データイーストクラシックコレクション>

で遊んでいるはずだったんですが…

届いた早々に遊ぼうとしてみたものの、レバー(パッド)が効かず、キャラクターの操作はおろか、ゲームの選択すらできない状態。
そのほか、ボタンの一部も効きが悪かったり…要は初期不良というやつ。

やむなく、返品することにしました…。

本来ならゲームのレビューが書けるところだったのを、泣きながら、Amazon返品手順を記録しておこうと思います…。

  1. Amazonページに、ログイン
  2. 注文履歴から商品を選択
  3. 商品の返品を選択
  4. 返品の理由を選択し、具体的な内容を書く
    (自分の場合、商品の不具合の詳細)
  5. 返金するか、代替品を購入するか選択
    (自分の場合、返品する商品が品切れていたので「交換」の選択肢はなかった...)
  6. 「返送の手続きを開始」
    ・メールが登録しているアドレスに送られます。
    ・「返品ラベルと手順を印刷する」ボタンから返品ラベルをプリンタで印刷する
    (印刷できない場合、この情報を手書きして貼っても良いらしい)
    ※ 返品先住所は、ここに印刷されてます。
  7. 商品を梱包する
    ・送られてきたAmazonの箱に入れて返送しました。元の状態には戻せないので、Amazonの箱に商品と梱包材(新聞紙など)を詰めました。
    ・印刷されたラベルの「返送先住所」「返送受付ID」部分をそれぞれ切り取り、前者を箱の外に貼り、後者を箱の中に入れます。
  8. 返送依頼は、日本郵便を使うのが楽です。
    ・同じページから日本郵便のページリンクに飛び、情報を入力します。引き取り日時等を指定すると、引き取りに来てくれます。
    ・「着払い」も選択できます

手続きを行ったら、翌日引き取りに来てくれました。
それで終了。後日返金は指定口座に行われるようです。

返品手続きなんて初めてでしたが…さすが天下のAmazonさん、この辺もストレスなくできるようになってるんですなあ。
こりゃ、みんな使うはずだわ。

しかし、いかに返品が簡単でスムーズに返金されようとも、結局のところ欲しかったモノが手に入らずじまいには変わりない。
人気商品らしく、Amazon以外でも入手困難なようで…次いつ入手できるのかも不明。

いつもは遅まきに失する自分が、珍しく最速のタイミングで注文までしたのに…なんたる運の悪さよ…。

(2020.5.19)

| | コメント (0)

Switch Joy-Con修理キット

「あつまれどうぶつの森」を遊んでます。
流行の渦中のゲームを遊んでいるのは、自分としては珍しい。
(だいたい、乗り遅れることが多い)

もともと、あまり好みのタイプのゲームではないんですけどね。目的が希薄だし、戦いはないし(サツバツ!)。
以前、3DS版や、スマホ版を少し遊んだりしたこともあったので、だいたいの内容はわかってますし。

しかし、なぜか今回は何か「やらねば」という予感がして、急かされるように遊び始めました。
実際、前作と大きく変わった感も無いんですが…世界の祭りに自分も参加してる感じがあるのは、ちょっと嬉しい。


そんな感じでヘビーユーズしていたSwitchの、Joy-Conの左アナログコントローラーが不調になってしまいました。

ニュートラルにしていても、上に入ってしまう状態に。
どうぶつの森であれば、勝手に奥に歩いてしまう。
それはまだしも、RPGとかでメニューを選ぶとき、勝手に違う項目を選んでしまったり…。
(「戦う」を選んだつもりで「逃げる」を選んでしまい大変なことに)

少し前にSwitch用のミニパッドを買ってたので、それで凌げないこともないのですが、書いた通り不便な部分もあって。

で、止むを得ず買い換えることも検討したのですが…

  • 値段が結構高い。15000円くらいする。
  • 現在使っている「スプラトゥーンカラー」が気に入ってるのに、バラ売りではその色がない。

で、調べているうちに、AmazonでJoy-Con修理キットというのが売られているのを知りました。

値段は1/10程度で、今のパッドをそのまま使える!

(同様の製品が、いろんなメーカーから販売されているようです。もっと安いのもありますが、評価などとのバランスでこれに)

不器用な自分で、精密な機器の修理なんてできるのか…と不安もありましたが、レビューではさほど難しくないようなことが書かれており、まあ、値段も値段なので、ダメもとで買ってみたのでした。

結果は…

無事、修理を完遂し、不具合は解消しました!!!

その一方で、修理はレビューで言われるほど簡単ではなく、かなり慎重さと器用さを必要とするものだとわかりました…
(不器用で老眼の私にとっては、かなりギリギリな感じでした…)

 

セットに含まれるのは…

Switchpadrepair02

換えのアナログコントローラーユニット、2個付き。(上の写真は、換装後なので左が製品、右は元のもの)

左右の違いは無いようです。なので、左右を換装することも、同じ側がもう一度壊れた時にまた換装することも可能。

Switchpadrepair01

修理用の工具一式。(アナログスティックにつけるカバーのおまけ付き)

Y字のドライバーとか、パッドを開けるための工具とか、この作業専用の工具もあります。

しかしなんと、作業の手順を示すドキュメントとか入っていないんです(まあ最近はNoマニュアル化の風潮だしなあ)。

それで、詳しい手順等は、Amazonの製品ページにあるリンクからYouTubeにある解説動画を見にいく必要があります。

私は、それでもわかりにくかったので、別の動画も参考にしたりしました。

作業は、非常に繊細です。
ネジなども細かいし、部品の取り外しなども慎重に行う必要あり。

同じような微妙に長さが違うネジなどもあったり、素人が行う前提の作業じゃないですね。

特に、コントローラーユニットの配線を基盤から外したり付けたりする作業が、すごく細かくて難しい!
(上の写真で、ニョキッと伸びてる線をピンセットでつまんでコネクタから抜いたり挿したり…)
力をどれくらい入れたらいいのかもよくわからないし、ちゃんと付いたかどうかもわかりにくい。

冷や汗をかきながらも、なんとか作業は終わりました。

が、完了した後で、Joy-Conを使ってみたところ、今度は右に微妙に入っている感じに。
どうぶつの森で、キャラがじわじわ勝手に右に歩き出したり、左にだけ走れなくなってしまいました。

再修理しなきゃならないのか…と暗澹たる気分になりましたが…
時間をおいてもう一度使ってみたら、この問題は起こらなくなって、なぜか正常に動作するようになりました…(苦笑)。

結果オーライではあるのですが…まあ、成功と言って良いかなと…。

最終的にはなんとかなったし、この値段なら駄目元でチャレンジする価値はある…かもしれません。

(2020.5.12)

| | コメント (0)

わが家の技術革新

テレワークになって、「ぶいぴいえぬ」だの「ずーむ」だの今まで使ったことのないような技術を使うことになり困惑気味です。

そもそも私は機械とか、インターネット関連とか苦手なんですよ。

中学時代の技術科は嫌いで、機械工作やハンダゴテとか不得意だったし、ビデオレコーダーの配線とかも大嫌い。
アカウントとかIPアドレスとか、そういうワードもわかったようなわからないような。
(プログラムとかソフトウェアは好きな方なんですが)

そんな自分が最近、四苦八苦しながら家の技術革新(笑)を試みている。

以前書いた「BluetoothでTVを聴く2020」や「Surface Go」もその類でしたが、それらと前後して他の技術革新も試みていたのでした。

【 High Sierra 】

うちのMacは、MacBookPro Mid2012。
最近まで、OSはSierraだったのだが、流石に少しは新しくしとくべきかと、アップデートに挑んだ。

いきなり、Catalinaは怖い。じゃMojaveかとも思ったが、古いマシンだとえらく遅くなるという記事を読んだ(本当かどうかはわからんが)。

で、弱腰で1つだけ新しいHigh Sierraにしてみたのでした。

アップデートは、時間はかかってドキドキはしたものの、さしたるトラップも味わわずに成功。

起動直後、初めてフォルダを開けるときなどにややもっさり感はあったが、使い続けていくとそんなこともなくなった(気にならなくなっただけ?)。

「写真」アプリで写真の取り込み方が変わったのは、少し戸惑ってしまった。
さして便利になったわけでもない、無意味な細かい仕様変更はやめてほしいなあ。

そのほかの、よく使っていたアプリ類は、見た限りちゃんと動いているようだ。

新機能…は特に興味なし。今まで通り動いているので、それでいい。

しかし、また近いうちにMojaveにしたりするんだろうか…。

【 SurfaceでDVDを見る 】

せっかくSurfaceを導入したので、これでもDVDを見れるようにしたいと思ったのでした。
外付けDVD(BD)ドライブは持っていて、VivoTabでは使って見れていたのですが、これで使っていたUSBHubでは、電力供給が足りなくてSurfaceでは動かないようだ(なんでやねん)。

ということで、電力供給できるUSBHubを購入。

Myhome_it01

このUSBHubは、これ自体に電源供給用のUSBケーブルを接続できます。

これでDVDドライブがSurfaceでも動くようになり、無事DVDも見られるようになったのでした!

(ちなみに、ソフトはVLCを使ってます)

で、これを使ってDVDを見ようとすると、こうなる。


 Myhome_it03

ややこし過ぎる…。我ながらここまでする必要があるんだろうか…。

【 擬似NAS 】

使っているルータAtermにUSBポートがあるので、そこにHDD(USBメモリ)を繋げば、NASのように使えるらしい!

PC(Mac)からAndroidへのデータのやり取りなどちょくちょく行うので、それができれば、生活がもっと快適になる。

結果、実現できたのですが、機械音痴には色々と頭の痛くなるような作業がバリバリありました…。

<準備>

・ルータに接続するHDD/USBメモリは、Fat32でフォーマット

<Macから>

・Macからルータに接続。ネット検索して調べたらOs10.9以降だと接続方法が変わったとかで、ややこしくなっていた。

移動>サーバへ接続>アドレスを入力>USBデバイス名を選択>接続

で、デスクトップ上にネットUSBのフォルダにアクセスできるようになりました。
(実際には、ここに至る間に、紆余曲折が色々ありました…)

(参考)
https://www.aterm.jp/support/tech/2014/0306.html 

<Androidから>

ファイルマネージャーソフトをインストール必要があるようで

「FE File Explorer」(無料版)を導入。

問題なく接続できました。

これでMacとAndroidのファイルのやりとりが無線でもできるようになり、目的は達成しました。

でもせっかくなので、やはりSurfaceでもネットUSBに接続したくなり…

<Windows(Surface)から>

先のサイトを参考にWindows10で接続を試みました。

ところが! うまくいかない!?
調べてみると…

Windows10 version1709以降にアップデートしたパソコンから、Atermに接続したUSBストレージ内のファイルにエクスプローラでアクセスできない件

どうも、Windowsのバージョンが新しいと、Atermに普通に接続できないらしい…。

上の情報の解決策を元にした結果、ブラウザでアクセスできるようになったのですが、普通にフォルダ形式でファイルを出し入れできないという、すごく使い勝手悪い状況になってます。(しかも、Windows,Atermの双方、改善の予定はないらしい)

まあ、安くあげようとした結果なので、致し方ないか…。

【 Nintendo Switchパッド 】

技術革新というほど大したものではないが…

SwitchでゲームをするときいちいちJoyConを外すのが面倒だったので、パッドを買ってみた。

Myhome_it02

SyberGadgetのミニパッド。

家電量販店で購入。安くて、小さくて、デザインもいい。
操作感もなかなか悪くない。

しかし! 事前にわからなかった落とし穴が。

これ、使うたびに、Switch本体でペアリングし直さなければならないのです…。

いちいち本体機能の「コントローラー」>「持ちかた/順番を変える」>ペアリング
を行わないといけないのです。これは面倒...。

ちょっと失敗でした。使ってますけど。

【 ペイペイ 】

この機会に私も、電子マネー使って見ようと思い立ちました。

しかし! ここにも落とし穴が!

私、スマホでIp電話(050ダイアル)使ってるんですが、050では電子マネー登録できないようです!

これはペイペイに限らず、LINEペイもダメらしいです。

技術革新ならず。ショック…。

(2020.4.21)

| | コメント (0)

ゲームミュージアム ロボット

埼玉県深谷市に、大きなレトロゲームセンターがあった!

…というのを、去年末まで知らなかった。なんたるウカツ!

ネット調べたら結構有名な店だったみたいですね。

埼玉に引っ越した後に知らなかったのもウカツだが、むしろ群馬在住時に、今より近い深谷のここに気づかなかったことがさらにウカツ。
自販機ゲーセンばっかり探してる場合じゃなかった。

[ ゲームミュージアムロボット ]

埼玉県深谷市。

関連記事(ファミ通.com)

Gmrobot01

行ったのは新年早々の夜中だったが、駐車場は車がいっぱいで、結構お客もいました。

Gmrobot02

こんな感じで、ブラウン管筐体がズラーっと。こんな感じで3列くらい配置されてます。

これはすごいわ…。

Gmrobot03

入って早々に目についた、私の大好物ニューヨーク・ニューヨーク!!
(好きすぎてオマージュゲーム作るくらい「Retrocity!Retrocity!」)

調子良くて真ん中のグルグル(正式名なんなのあれ?)を3体くらい破壊できましたが、あっという間に弾速が上がって殺された…。

ラインナップは時によって変わるようです。

この時には、ドルアーガの塔、ドンキーコング、エグゼドエグゼスとかありましたね。
(もちろん、人気の格闘ゲーム系もたくさんあった)

Gmrobot05

テーブル筐体もいくつかありました。これはペンゴ。

Gmrobot04

これは比較的新しいが…稼働時に遊んだことがなかった、「ソーラーアサルト」。難しい。

これはいい店だ! 通いたくなるが、今の家からは結構遠いんだよなあ。熊谷よりも遠いんだもの。
ぐぬう…群馬在住時に気づけなかったのがつくづく悔やまれる。

(2020.1.7)

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧