趣味

PasocomMini PC8001

Amazonでも発売されるようになったPasocomMini(パソコンミニ)PC8001を、我慢できずとうとう買ってしまいました…!

この値段、「オモチャ」としては安くはないですが…

私、PC8001には並々ならぬ思い出があるので、その思い出を買う意味で決して無駄な買い物ではないのです!(そうかな…?)

PC8001の思い出については後に譲るとして…

Pcmini02

外箱。なかなかカッコイイ。
ですが真打はその中…

Pcmini03

この中箱の「ダンボール箱」凝ってる!
おそらく、ホンモノの梱包のミニチュア版なんでしょうね。

Pcmini05

本体。
中箱もリアルなので写真ではデカく見えますが、実際のサイズはこんなもんです。
小っさ!

Pcmini07

PCGセットなので、本体の下にPCG8100が取り付けられます。

PCGというのは、8001に拡張機能を追加して、オリジナルのキャラクターグラフィックを出せるようにする装置です。
…なんて、私はこれの実物は見たことありません。なのであまり思い入れはない。

しかもこれ、本当にただの「フィギュア(飾り)」なんです。中には何も入ってない。
本体だけですでにPCGの機能は追加されている。

Pcmini06

本体の中身は、実はコレだけ…。スッカスカ…。
Rasberry piという多用途シングルボードコンピュータだそうで、これにPC8001のイミュレートをさせているようです。

動作させるには、HDMIケーブル(PC側はミニ)、キーボード(USB MicroB)が必要です。

さて、いよいよ起動!

Pcmini08

あぁ…この画面懐かしい…

PC8001は、私が初めて触ったPCです。(というか、日本ではこれがほぼ最初の「マイコン」だった)
当時、まだローカル電気店だった群馬県前橋市のヤマダ電機で、店頭でディスプレイされていたものを勝手にいじって、プログラムを試し打ちしたものでした(迷惑)。

BASICの方は、テレ東「パソコンサンデー」とNHK「マイコン入門」で学びました。
前者はMZ系を使用してましたが、後者はPC8001を使用していましたね(当時厳格だったNHKなので「機種X」と言い張ってましたが…)。
これもあって、N-Basicは自分のBasic知識の基礎になってました。

そのうち、友人がPC8001を購入し、彼の家に入り浸ってベーマガなどのプログラムを打ち込んだり、市販のゲームを遊んだりしたもんでした。
なので自分で持っていたわけでもないのに、PC8001に並々ならぬ思い入れがあるわけなんです。

もっとも後日、自分ではSharpのX-1を買ってしまったんですけどね…。あれはいいマシンだった…(おい)。

いやでも、デザイン的にはX-1はあまりそそらないですね。むしろMZ-80とかの方がカッコイイ。PC6001とかもイイですね。

脱線した…PasocomMiniに話を戻そう。

PC8001の懐かしのN-Basicを動かしてみる。

PC8001は、立ち上げた瞬間から、Basicを入力可能です。
(MZ系のクリーンコンピュータでは、カセットでBasicを読み込む必要があった)

Pcmini13

試しに、For-next文のプログラムを使ってみた。
JavaScriptとかのFor文に慣れてしまった昨今だが、意外と思い出せるもんですね。

Pcmini12

もう少し凝ったプログラムを打ってみました。

色々な色のイナズマ的なものが、10回描かれるプログラム。
(上の絵は実行後にList表示したものなので、実際の実行時の画面とはちょっと違ってます)
今見返すと、FOR-NEXTを使ってもよかったのかな? 中でGOTO使ってるんでまずいかなと思ったのですが大丈夫そうだな… 

すっかり忘れてましたが、N-Basicで画面消去のコマンドは、CLSではなく"PRINT CHR$(12)"なんていうマジックワードだったんですね。昔のベーマガを引っ張り出してきて、ようやく思い出しました。

あと、ドットで線を引くLINE文は、PSETと描かなきゃいけないのも忘れてて四苦八苦しました。
一応、PasocomMiniの機能でF12でリファレンスが表示されるんですが、ざっくりなので必要なことを思い出すにはやや心許ないです。

TIPSですが…
間違った箇所を直す際に、基本上書き入力で困ったんですが、INSを押しても挿入入力にならない。結構悩みました。
正解は、SHIFT+DELに相当する SHIFT+Bkspを押すと、そこでスペースが挿入される…という仕様だったようです。本物からそうだったっけ?

PasocomMiniには、当時のゲームが20本くらい同梱されています。(最近、Namco系のゲームが3本追加された…と言ってもPC8001なんで、再現性はあまり期待しないように・笑)

F12でゲームのモードに切り替わります。

Pcmini10

いかにも当時の雰囲気の懐かしい感じのゲームばかり。
PCGを使用して、キャラクターのグラフィックがちゃんとしてます。

Pcmini09

平安京エイリアン。これはかなり再現性が高い!

私のキーボードが、テンキーのないものだったので、ゲームをプレイする際には、Numlockで擬似テンキーモードにしないと遊べないのですが…キーボードのNumlockキーが動作せず…。
F9のMACHINEモードのNUMLOCK ONにすればNumlock状態に切り替わります。(しかし面倒臭い)

※ 要は、テンキー付きのキーボードにすべきということでした。USBキーボードはこれ用に買ったのだが…失敗でした。

ゲームパッドも使えるらしいのですが、USBハブで繋いでも動かなかったな。パッドがRetroFreakの使い回しだったので合わなかったのか?

PasocomMiniまだ使い始めたばかりですが、色々遊べそう。
まあー、今更PC8001とかBasicとか励んでみても、人生の無駄としか思えないのですが…
最近、HTML5(Javascript)の方で作ってたゲームが、行き詰まってしまって(ちゃんと仕様を確立しないうち、行き当たりばったりに作り始めるからだ)、現実逃避してるというのが本当のところ…。

(2020.10.6)

| | コメント (0)

大むかしの海&おまけ

最近、定期的に書いてる気がする、フィギュア記事。
立て続けに自分好みのラインナップが出てる、ということかな。嬉しい悲鳴。

【 大むかしの海 】

タカラトミー。最近、動物モノも各メーカー、クオリティ上がってるなあ。
古代の海の生物フィギュアで、可動部があるのがウリ。
300円。

「シーラカンス」

Fig_kans01

尾と胸ビレと口が可動します。
メタリックな彩色が美しいし、魚としてリアルな感じ。

金属光沢がダライアスのキングフォスル感(笑)

Fig_kans02

前からのアングル。口を開けた所。
口の中もうっすら彩色されている。

実は、これにはあまり期待してなかったんですが、実物を見たら予想以上の良い出来でびっくり。

Numaz16

ちなみにこれは、以前行った沼津港深海水族館のシーラカンス。

 

「アノマロカリス」

Fig_anomaro01

これがお目当てでした。
よくできてる! 色味なんかも(実物の色は不明だが)いかにも甲殻類のリアルな感じ。

Fig_anomaro02

前からのアングル。
左右のヒレが、可動します。
ヒレを波打たせてみた。スカイフィッシュ(笑)みたいで良い感じ。

ところで、アノマロカリスの復元でのこのヒレのつき方なんですが、節足動物っぽくなくて個人的にはすごい違和感なんですがね。
ホウネンエビのように多くの遊泳脚を持つ甲殻類もいますが、たいてい体の下向きについてます。アノマロカリスのように体の真横に脚(ヒレ)がついていて上下に動かすようなヤツはいないんじゃないかなと。

むしろこれは、オヨギゴカイの脚のつき方に似てる気がする。
アノマロカリスは原始的な節足動物とのことだから、環形動物の特徴も持っているってことなのか?

それとも復元が単にテキトーってことなのか?
アノマロカリスって、どんな動物か長い間わからなかったくらいなので、復元もまだこなれていない可能性もある。
ヘリコプリオンみたいに、復元図が二転三転してる古代生物もいるしなあ。

「大むかしの海」シリーズでは、この他に三葉虫もラインナップされています。
動物としては三葉虫はアノマロカリスより好きなんですが、フィギュアでは可動部が3箇所だけで丸くなったりはできないようで、そこまでそそられませんでした。…ってことで、上記2種が出た時点で満足してしまいました。(次に回したらきっとダブるし)
単品で安く出てたら、買おうかな。

(おまけ)

Fig_amabie

群馬で買った、アマビエだるま。カワイイ。

「海産物フィギュア」つながりってことで…。

(2020.9.29)

| | コメント (0)

最近のガチャコレクション その他篇

最近"回した"ガチャ(カプセルトイ)。その他系篇。

【 仕事猫2 】

仕事猫1も出来が良かったので、2が出たのを見て速攻で回しました。
1よりも2の方が、あちこちで見かけますね。

300円。

Fig202008_10

ヨシ! 

立ちバージョン。仕事猫ポスターのポーズに似てる。

Fig202008_11

台車を押すのは嫌いじゃない。

台車に別のフィギュアとか載せるのもヨシ。

Fig202008_12

なるほどですね〜。

嫌な顔になって、冷や汗をかいている…

「嫌な予感」あるある…

【 スイフト スポーツ ZC33S 1/64 】

400円。それなりのお値段。

Fig202008_15

最新スイフトスポーツのフィギュア。

ガチャのわりにはよく出来てる! プラスチック製なんですけどね。

前輪は傾けて、ハンドルを切った状態を再現してディスプレイできます。なかなか芸がこまかい。

最新型のスイフト、カッコイイんだよなあ〜。
ほんとは2代前のが可愛くて好きだったんだけど、今のもイイ。

Fig202008_14

リアビュー。リアもかっこいい。

(2020.8.25)

| | コメント (0)

最近のガチャコレクション ムシ篇

最近"回した"ガチャ(カプセルトイ)。ムシ系篇

カプセルコレクション サソリ

300円。

値段も昨今にしては(ダンゴムシとかに比べて)高くないし、そこまで期待してなかったんですよ…

Fig202008_01

しかし、実物見たらその出来の良さにびっくり!

Fig202008_02

造形もさることながら、全10箇所に可動部があり、かなりよく動きます。
腕や、尾や、腕(ハサミ)の関節など動き、色々なポーズを取れます。

Fig202008_04

尻尾は完全に伸びます。

Fig202008_03

尻尾だけでなく、腹部の末端も曲がるので、かなり本物らしいポーズが可能。

Fig202008_05

割とおざなりになりがちな、サソリの口の部分(鋏角)もちゃんと再現。

これは期待以上の良品でした。

【 イモコレ! 4 】

イモムシコレクション、イモコレシリーズ。
毎回買ってるわけではないですが、今回のラインナップはよかったので一回だけ挑戦。

400円。

Fig202008_06

オオムラサキ幼虫が出ました。結構いい出来。

オオミノガか、臭いツノ出してるアゲハ幼虫とかが一番狙いだったが、これもいい。

オオムラサキ幼虫は、越冬スタイルの方が馴染みあるし、カワイイんだけど。(実物見たことないけど)

 

【 昆虫ハンター2020 】

ガチャじゃなく食玩なんですが…。

このシリーズは毎度クオリティが高い。あと、中身を選べるのは、嬉しい。

Fig202008_07

ミヤマクワガタを選びました。

どうぶつの森では安物扱いされてますが、ノコギリクワガタより絶対こっちの方がカッコイイだろう。
カマキリ先生もそう言ってるし。

Fig202008_08

こいつもかなり可動します。
足、大顎の開閉、頭部・胸部の関節も動きます。

頭部の関節がちょっと緩くて、すぐうなだれてしまうのが玉に瑕。

Fig202008_09

裏側の足の茶色いところもよく再現。
むしろ裏側が本物っぽいですね…。ムシ嫌いの人は嫌だろうなあ…。

(2020.8.17)

| | コメント (0)

カプセルトイ「スズメバチ」

バンダイのカプセルトイ、いきものシリーズ「すずめばち」。

ダンゴムシと同じシリーズの最新版。

この記事をネットで見てから、ずっと気になってたんですが、ようやく発見。

このシリーズは500円と高額ですが…やってみました。

全3種類。
狙いは、当然、世界最強の「オオスズメバチ」!
次点は、オオスズメほどはインパクトはないが、よく見かける「キイロスズメバチ」。

で、回してみると…

「クロスズメバチ」…。

くそう、もう一度だ! …「クロスズメバチ」…。

これで1000円飛んだ…。
この後、別の人が回したのを横目で見たら、やはりクロスズメだった。そして「売り切れ」(苦笑)。

全3種類でダブりやすいとはいえ、こんなことある!?
ガチャガチャって、やっぱりギャンブルだよな。

気を取り直して…戦利品を愛でよう。

【 クロスズメバチ 】

Suzumabachi01

ダンゴムシ同様、カプセルレスのガチャで、外側は変形させてディスプレイスタンドになります。
中には、バラバラのパーツが入っていて、組み立てます。(説明書の字が小さくて、組み立て方などもややおざなりに感じた)

組み立ててみると…かなりカッコいい!

クロスズメバチは、オオスズメバチよりずっと小さくて、ちょっとずんぐりしたイメージのハチ。
多分、見たことはあると思いますが、あまり馴染みはないですね。
地方で食べる「蜂の子」は、主にこれの幼虫らしいですが。

でも、こうやって見てみると、体のバランスもいい感じで、モノトーンの配色もいい。
顔のデザインも、オオスズメよりカッコいいんじゃないか?
(と、自分をフォロー)

Suzumabachi02

造形が細かく、各部が稼働します。
大アゴも開閉可能。
尾部の針も、出し入れできます。

これは、戦闘態勢。針が出ていた方がそれらしい。

Suzumabachi03

横アングル。

Suzumabachi04

体を水平にして、飛行姿勢(ないしは、着地した状態)にもできます。

このアングルで見ると、すごく見たことある感じ。

Suzumabachi05

前方向から。

思い出したんだけど、昔、外で干していたズボンを取り込んで履いたら、足に鋭い痛みが!
ズボンを脱いで見ると、中から、黒いハチが…!!
これだったかもしれない。
刺されたところは、それほど大ごとにはならなかったが、かなり痛かった。

このフィギュアサイズのやつに刺されたら、死ぬな…。

(2020.6.29)

| | コメント (0)

仕事猫

緊急事態宣言が解除されて、埼玉県深谷のレトロゲーセン「ゲームミュージアム・ロボット」が再開したと聞き、「県境越えしないレジャー」を楽しみに行ってきました。

目的は、もちろんレトロゲームで、これもいろいろ楽しみましたが…
直前、ツイートでとあるカプセルトイ(ガチャ)が入荷したという報も聞き、それも目当ての一つでした。

【 仕事猫 ミニフィギュアコレクション 】          

これ、一度どこかで見かけたんですが、その時にはすでに売り切れで、それ以来全然見たことありませんでした。
しかし、これが今回、ロボットにはなんと3台も入荷してました。
もう、回し放題! (って、回したのは3回だけど)

ちなみに1回300円。お手頃! (イラストやさんのフィギュアは500円なのに…)

Sigotoneko01

「ヨシ!」
ネットで出回ってる絵とは(複雑な事情で)微妙に違うけど、これはこれでヨシ!

Sigotoneko03

「ご協力をお願いいたします。」

立て札つき。

Sigotoneko02

「何も考えていない」

フィギュアのデザインて、仕事猫LINEスタンプが元ネタかと思ったら、そうでもなさそう。
このフィギュアのオリジナルデザインなのかな。どれもハズレない良い感じ。

全5種ですが、この3種が出たところで満足してやめました。(コンプ派じゃないので)

 


これも見つけて、ついやってしまった。

【 ガシャポンサウンド ジャンケンマン 】

Sigotoneko04

こういうコインゲームが、ゲーセンにあった(ある)んですよ。
わたし的には「懐かしい」って感じですが、どうやら今もある所にはあるらしい。

「じゃんけんポン、あーいこでしょー」というボイス(子供の声)が出ます。
この声が特徴的で、あまり遊んでなくても、耳に残るんですよ。
そのボイスが、そのまま収録されてます。

ラインナップは4種類あるんですが、音声が若干違う。

自分が当てたのは「じゃんけんポン、あーいこでしょー、あーいこでしょー、ズコー」バージョン。

この他に、もう少し短いもの、長いもの、当たりバージョンがあるが、↑が一番当たりかも。

(2020.6.2)

| | コメント (0)

Amazon返品

本当なら先週の土曜日には、先月からAmazonで予約していた

レトロアーケード <データイーストクラシックコレクション>

で遊んでいるはずだったんですが…

届いた早々に遊ぼうとしてみたものの、レバー(パッド)が効かず、キャラクターの操作はおろか、ゲームの選択すらできない状態。
そのほか、ボタンの一部も効きが悪かったり…要は初期不良というやつ。

やむなく、返品することにしました…。

本来ならゲームのレビューが書けるところだったのを、泣きながら、Amazon返品手順を記録しておこうと思います…。

  1. Amazonページに、ログイン
  2. 注文履歴から商品を選択
  3. 商品の返品を選択
  4. 返品の理由を選択し、具体的な内容を書く
    (自分の場合、商品の不具合の詳細)
  5. 返金するか、代替品を購入するか選択
    (自分の場合、返品する商品が品切れていたので「交換」の選択肢はなかった...)
  6. 「返送の手続きを開始」
    ・メールが登録しているアドレスに送られます。
    ・「返品ラベルと手順を印刷する」ボタンから返品ラベルをプリンタで印刷する
    (印刷できない場合、この情報を手書きして貼っても良いらしい)
    ※ 返品先住所は、ここに印刷されてます。
  7. 商品を梱包する
    ・送られてきたAmazonの箱に入れて返送しました。元の状態には戻せないので、Amazonの箱に商品と梱包材(新聞紙など)を詰めました。
    ・印刷されたラベルの「返送先住所」「返送受付ID」部分をそれぞれ切り取り、前者を箱の外に貼り、後者を箱の中に入れます。
  8. 返送依頼は、日本郵便を使うのが楽です。
    ・同じページから日本郵便のページリンクに飛び、情報を入力します。引き取り日時等を指定すると、引き取りに来てくれます。
    ・「着払い」も選択できます

手続きを行ったら、翌日引き取りに来てくれました。
それで終了。後日返金は指定口座に行われるようです。

返品手続きなんて初めてでしたが…さすが天下のAmazonさん、この辺もストレスなくできるようになってるんですなあ。
こりゃ、みんな使うはずだわ。

しかし、いかに返品が簡単でスムーズに返金されようとも、結局のところ欲しかったモノが手に入らずじまいには変わりない。
人気商品らしく、Amazon以外でも入手困難なようで…次いつ入手できるのかも不明。

いつもは遅まきに失する自分が、珍しく最速のタイミングで注文までしたのに…なんたる運の悪さよ…。

(2020.5.19)

| | コメント (0)

海洋堂フィールドアーマー

前々から欲しい!と思っていたものの、安いもんじゃないので躊躇してた豪華フィギュア。
ついに我が家にお迎えすることになりました。

先日ガンダムフィギュア(ジム改)を買ったばかりなので、またフィギュアを買うといったらカミさんに嫌な顔をされたが、写真を見せたら「これならヨシ」と許可された(苦笑)。

【 15世紀ゴチック式フィールドアーマー シルバー  】       

海洋堂リボルテック、タケヤ式自在置物シリーズ。

私もAmazonで買うた。
発売から時間が経ってしまったので、店頭ではもうあまり見かけないんだよね。

Armor03

正面。付属の台座に立たせたところ。

くぅー、かっこええ!!

このアーマー。15世紀のドイツの鎧が元になっているようです。

Armor01

台座がなくてもちゃんと自立します。

武器は、このショートソード(片手剣)と…

Armor04

ツーハンデッドソード(両手剣)。でけえな。

あと、メイスも付いてます。

手パーツも、握っているものや開いているものなどに付け替えできます。

Armor02

背後から。首元に鎖帷子が見えているところなど、細かい。

Armor05

兜のバイザーは上がります。
これはサレット(sallet)というタイプの兜ですね。

フィギュアとはいえ、これは芸術品といってもいい。

お部屋に置いてインテリアとしてもいいんじゃないですかね。

ポーズも変えられるので、気分によって色々ポーズを変えたり、持たせるものを変えたりできるので、飽きが来ませんよ!

(2020.2.24)

| | コメント (0)

フィギュア2020・1

去年末に引き続き、またしてもフィギュア、カプセルトイ系の話題。

今年も豊作です…。困った困った(笑)。

【 RGM-79C ジム改                    

私的にはおなじみの、ロボット魂シリーズ。

以前買ったノーマルのジムがすごくカッコよかったんで、またジム系には注目していました。
ジムスナイパーとか、ジムキャノンとか、寒冷地仕様とか出てはいましたが、まだ本命ではないと手を出さず。

そこに、「ジム改」発売の報が。これはカッコイイ!
近くのイエローサブマリンで予約してしまいました。

1/18が発売日で、つい最近出たばかりのホヤホヤです!

(う、予約で安く買ったつもりだったけど、amazonでも同じくらい安い…)

Fig202001_01

ジム改!

ノーマルジムに比べても、頭身高いし、造形が細かいし、スタイリッシュでかっこいい。

Fig202001_02

写真では色は白く見えますが、実際の色はややベージュっぽい色に見えます。

Fig202001_03

装備は、ノーマルジムとほぼ同じ。マシンガン、ロケットランチャー、ビームサーベルなど。

ジム改、カッコ良さには文句つけようがないんだけど、ノーマルジムに比べて「いいポーズ」が取りにくい気はしました。
頭身が高いせいか、ポーズによってはなんか不安定に見えんですよね(個人的感覚だけど)。

ノーマルジムの方が頭身が人間に近いせいか、適当なポーズをとってもそれなりに決まって見える(気がする)。

ジム改を買ってみて、逆にノーマルジムの良さも再認識しました。

最近ネットで調べたら、今後もロボット魂でジムシリーズが予定されていて、中に、ジムカスタムがあるのに気づいた。
これも要チェックだなあ…。

 

【 ダンゴムシ(ブラック)                    

Fig202001_14

以前も話題にした、ダンゴムシシリーズ、大サイズの最新版。
黒バージョンが出ました。

今シリーズの中ではハズレの類なんだけど…大サイズダンゴムシは持ってなかったんで、まあ良いかという感じ。

Fig202001_15

小サイズダンゴムシと比較。やはり、かなりデカイ…。

Fig202001_16

丸めたところ。

 

【 ダイオウグソクムシ                    

で、同じシリーズの、これを狙ってました。

Fig202001_05

大サイズダンゴムシと同じ大きさ。

色は青みがかかった白。
水族館で見ると、確かにそんな感じの色に見えた。

Fig202001_06

上から見たところ。

ダンゴムシは、実物よりかなりデカイが、こっちは実物よりもやや小サイズかも??

Fig202001_08

正面。目つきの悪い顔も本物そっくり。

Fig202001_09

裏も結構リアル。

ダンゴムシではないけど、これもある程度丸まります。
尾びれも少し開閉する細かさ。

 

【 アミーボ・トゥーンリンク                    

Fig202001_10

随分前の品ですが…今まで品切れてて、現物を見たことすらなかった。

再販されたのか?
初めて見かけて、ついフラフラと買ってしまった…。

Fig202001_11

リンクはこのデザインが一番好きだなー。

もしくはファミコン版。

Fig202001_12

後ろ姿。カワイイ。

【 ザ・ミニチュア自動販売機5                    

Fig202001_13

シリーズ第五弾らしいが、今まで知らんかった。

自販機(左)か、ドリンクの缶ケース(中に缶が入っている。これはハズレかな…?)

ボタンを押すと、缶が出てきます。下の取り出し口も開いて、取り出せます。よくできてる。
缶ケースの缶を、自販機に追加で入れることもできる。

ミニチュアとしては、やや大雑把でそこまでリアルではないんだけど、遠目ではそこそこリアルに見えてなかなかの出来。

最近面白いフィギュアやガチャが豊作で、嬉しかったり困ったり…。

(2020.1.29)

| | コメント (0)

最近のガチャ2019-2

つい最近もガチャガチャのネタを書いたばかりなのに、またひとしきりイイのを見つけてしまった…

[ ヒキガエルとアマガエル ]

「いきもん」ブランドのフィギュア。

その名の通り、ヒキガエルとアマガエルのフィギュアなんだが…

Figure12_07

メインは、これ!!!!

ヒキガエルのタマゴ(卵嚢)キーチェーン・フィギュア!!

こんなものまでフィギュアになるとは!

卵嚢、リアル〜!! 中のタマゴ、今にも孵りそうな形になっているようにも見える。

ラインナップはこのほかに、オタマジャクシと、親ヒキガエルと…なぜかアマガエル。

Figure12_06

もう一回回したら…アマガエルが出てしまった…。

オタマジャクシが欲しかった…。もしくはせめて、ヒキガエルが。

とはいえ…アマガエルのフィギュアは今までもいろいろ出てて、いくつか持ってますが、これは出来がいいですねー。技術力はまだ上がってるのか!

 

[ プルバックカブトガニ ]

奇譚クラブ。上の「いきもん」と兄弟会社じゃないか。

Figure12_05

おおおー! リアルっ!!

このツヤ感が本物っぽい。 カブトガニフィギュアも、他にも持っているが、上面に関してはこちらの方がリアルっぽい。

ただ、このフィギュア、お茶目なことにプルバック機能搭載なんですよね。

カブトガニが、いい感じのスピードで走る!(決して速すぎない)

まあ、この機能搭載のせいで、裏側にはタイヤがついてて、いまいちリアル感はない。

 

[ マジック:ザ・ギャザリング ULTIMATE DEFORMED MASCOT ]

発売はバンダイ。

Figure12_08

なんと! あの「マジック」のキャラクターが(なぜか今)ガチャガチャに!!

プレインズウォーカーの6名がマスコットになりました。

こいつは、エルダードラゴンレジェンド・プレインズウォーカー…ニコル・ボーラス様! まあ、アタリかな。

ほんとは、ジェイスかチャンドラの方が欲しかったけど。

てか、マジックはもう、ガイド本は買ってるだけで、もう何年もプレイしてないんだけどね…。

 

[ チョコエッグUMA未確認動物 ]

Figure12_01

ガチャガチャではないですが…

チョコエッグなんて、久々に買いましたよ。このパッケに魅せられてしまい。

チョコを割ってみると…

Figure12_02

ネッシー! まあ、いいか。

Figure12_03

よくある再現図通り、ツノが生えている。

このフィギュア(?)、ディテールはイマイチだが、蓄光になってて暗いところ光るというオマケ機能あり。

その他のラインナップは、チュパカブラ、ツチノコ、タッツエルブルム、イエティ、スカイフィッシュ、バウォコジ(知らんな)など…

結構マニアック。

(2019.12.19)

| | コメント (0)