スマートフォン

Monaca

忍者サバイバー」でもちょっと触れましたが、ポスト・Flashの開発ツールとして…
Monaca」(正確にはMonacaクラウド)を使い始めてます。

Monacaは、HTML5ハイブリッド開発プラットフォームです。ベースはHTML5(JavaScript)ですが、テキストエディタなどで開発するより便利なところが色々あります。

「Android & iOS両対応 つくりながら覚えるスマホゲームプログラミング」

Monacaの解説書です。
この本を本屋で見つけて、Monacaの存在を知りました。

著者、掌田 津耶乃さん…すげー懐かしい! 
HyperCardを使ってた頃、この方の解説書にお世話になってました。
今は、Monacaのエバンジェリストになってるんですね(それだけじゃないと思いますが)。

Monacaの利点を列挙すると…

  • 無料!
    ベーシックプランなら無料で試せます。無料だと同時に3つのプロジェクトしか動かせませんが、たいてい一度に1プロジェクトしか扱わないだろうから、問題なし。
  • ブラウザで開発できる
    インストールしなくて良いので、私のストレージ脆弱なタブレットでもOK。データはクラウドに置かれるので、自宅での作業の続きを出先で行ったりできます。
  • 「Onsen UI」というGUIライブラリを使って、リッチなデザインを組み込めます(今の所使ってないけど)
  • オートコンプリート機能
    エディターにオートコンプリート機能があって、入力サポートしてくれます。
  • プレビューを常時表示
    スクリプトを保存するだけで、即実行確認できます。
  • スマホと連携
    デバッガアプリをスマホにインストールすると、ネット経由でスマホと連携し実機確認できます。いちいちUSB接続などしなくても良いので楽。
  • デプロイ機能
    APKを作ってくれたり、GooglePlayでの公開用の設定もひととおりやってくれるようです。こらはありがたい。テキストエディタでもJavaScriptは扱えるけど、スマホ向けデプロイはこういうツールを使わないとできないんで(私は)。これで作ったAPKをAndroidにインストールしたら、ちゃんと単品アプリとして動きました。
    ハイブリッドツールなので、iPhoneのアプリも当然できる…はず。
  • エクスポートすると、プロジェクトをzipで吐き出してくれる。それでバックアップもできるし、展開するとPCブラウザ用アプリとして動かせます。(このBlogで公開してるように)

いいことばかり書きましたが、ちょっとした欠点もあります。

  • PC単体でのデバッグ機能がイマイチ
    PC単体でエディットしてると、つまらないSyntaxエラーすら教えてくれない…。スマホ と連携してスマホ側で実行すると、PC側にもエラー表示されるので、問題ないといえばないんだけど…PC単体でもちょっとしたエラーくらい教えて欲しい。
  • オンラインでないと使えない
    クラウドなので、ネット接続してないと使えません。私のタブレットはWifiしか使えないので、喫茶店でちょっと見るだけでも、スマホでテザリングする必要があります。

…とまあ、そんなところもありますが、概ねいい感じで、最近気に入って使うようになってます。(前も書いたけど、Monacaそのものより、解説書で扱ってたEnchant.jsが気に入ったところも大きいけど)

もっとも、Flashでやってたようなことを再現できるようになるまでは、まだまだ習熟が必要ですね。あとは、自分の気力がな…。

世間的に、Monacaの認知度、どうなんですかね。
良いものなので、ぜひ普及して欲しいものです。
(HyperCardやFlashのように、滅んでもらっては困るし…)

(2017.3.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Zenfone3 Laser

去年5月にスマホを買い換えたばかりですが、1年待たずにまた新調することになりました…。

以前書いた「SDカードとSimの不具合」に関しては、頻度も減って(完全に直ってはいない…)気にならなくなってたんですが…

使い続けているうちに内部ストレージ容量が少なくなってしまい、一時は1Gを切るほどに。SDカードに移動できるアプリはすべて移動しているのですが、それでも徐々に内部メモリは減っていました。(移動できるアプリも、一部は本体に残るらしい)
また、これと前後して、一部の大きいアプリが更新できなくなるという問題も発生。(断定はできないが、関係はありそう)

製品の問題というより、購入時にケチって内部ストレージ16Gのものを選んでしまった、自業自得なんですけどね。

更新できないアプリのことをあきらめれば、使用自体に大きな問題はないですが…このままでは新たなアプリも入れにくいし、いずれ容量枯渇するのも目に見えてます。

ということで、止むを得ず、スマホを新調することにしました。

[ ZenFone3 Laser ]

新調を考えていたタイミングで、この機種が発売されて、渡りに船という感じでした。

価格も30000円前後と安く、内部ストレージ32G、CPUはSnapdragon430、メインメモリ4Gと色々少し性能アップしている。(前機種ZenFone2Laserは、ほぼ同じ値段で、内部ストレージ16G、CPUはSnapdragon410、メインメモリ2G)

「また懲りずに、ASUSで、安いスマホかい!」というツッコミされそうですが…。

同じASUSでも、ZenFone3(Laserではないやつ)は、性能ももっと高く、人気もあるみたいで、ちょっと迷ったんですが…1万円の価格差でLaserにしました(結局貧乏性)。

Zenfone3l

デザインは、2Laserの方が好きだったんですけどね。縦横比や裏面のRなど細かい所ですが、前機種の方が好みでした。あと、色にブラックの選択肢がないところは、残念。

しかし、画面は大きくなって見やすいですし。スピードも前機種に比べサクサク快調です。
バッテリーの持ちも前機種と遜色なく長持ち。1週間ほど使っていますが、今の所良い感じです。

が…ひとつ、予想外の問題がありました…。
これは、Zenfone3Laserの問題ではなく、私のリサーチ不足によるものなんですが…

Zenfone3Laserでは、OSがAndroid6.0(以下OS6.0)になっていますが、なんと「OS6.0ではアプリをSDカードに移動させることができなくなった」ようなのです。買ってから知りました…。

もともと内部ストレージ容量が少ないという理由で新調したのに、今度はアプリをSDに移動できず、内部ストレージを使うしかないというオチ…。(写真や音楽ファイルはSDに置いて使えます)
機種によってはSDを内部メモリとして使える設定ができるらしいんですが…この機種では対応していないようです。

前機種は、内部ストレージが少ないこともあり、OS6へのアップデートは見送ってました。もしうっかりアプデしてたら、SDに移動していたアプリは使えなくなってるところでしたよ。危ねー。(正式には、SDのアプリを本体に戻してからアップデートする必要があるらしい。いや、そんな容量ないから)

これでも購入前に、機種のことは色々調べてはいたんですよ。しかし、OSがこんな仕様に変わるとは思いもよらなかった。こんな重要な仕様をコロコロ変えないでほしいですよ…。

ってことで、ちょっと予想外の展開になってしまいましたが…

ともあれ、前述したように、ZenFone3Laserは、今のところ問題なく良い感じに使えてます。
前機種の環境は、ほぼ完全に移行できました。内部ストレージ32Gのうち、半分は使ってしまいましたが、まだ半分残ってますので、当面、容量不足にビクビクする必要は無くなりましたよ。OS6.0への不満はありますが、この機種自体は、コスパや性能的にも良い製品なんじゃないかなと思ってます。

しかし…去年は、スマホやらカメラやらが壊れて、余計な出費を強いられた年でした(自業自得もあるが)。今年はそんなことがないよう願いたいものです(自分でも気をつけよう)。

(2017.2.6)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

群馬でGO! for Android

Goog Playに「群馬でGO!」を登録しました。

Android2.2以上でプレイできます※。
(プレイには、Air for Androidが必要ですが、自動インストールされる…はずです)

Pubtitle_gunmago400

「群馬でGO!」 (GooglePlayに飛びます)

※ 実際のDLは、AndroidでGoogle Playから、「群馬でGO!」 で検索してください。)

以前公開した「群馬でGO!」のAndroid版です。

PC版はこちら。ゲームの詳細はこちらをご覧いただければ。

変更点としては…

・スポットは80以上に増えました。
・操作にも少し変更を加えました。
 自キャラをタッチしても現在地の調査ができます。
・スポットの位置が一部修正されてます。
 相変わらず、位置関係はあまり正確ではないですが。
・ゲーム終了時に、群馬のグルメ写真をランダムで表示します。
 ツイートもできるようになる予定。

無料ですので、ぜひダウンロードして群馬を堪能していただきたいです。

スポットも増え、なかなか遊びごたえはありますよ。
スマホ版なので、毎日少しずつコツコツ進めやすいかなと思います。

※動作確認はZenfone(Android5.02)でしか行えてません。HTC(2.3)では、いまやDLどころか、GooglePlayにすら繋がりませんでした……。

-----

だいぶ久々のAndoroidアプリです。

日本限定だし、題材がローカルだし、DL数はあまり期待してません。
今回、面倒で広告もつけなかったので、DLされても一文の得にもならないという…。

まあでも、Androidで動かせるってことに意義はあるのです。

(2016.9.21)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Zenfoneの不具合と究明

(追記あり)

旧スマホの突然死により、急きょ5月に購入した…

「ASUS ZenFone2 Laser」

値段はリーズナブル、デザイン良し、電池の持ちも良し(ポケGO遊んでると、さすがにガンガン減るが)、旧機NEXUS5にあった「LTEが突然つながらなくなる問題」に悩まされることもなしと、大変気に入って使ってます。

…が、使用しはじめて一か月後くらいから、ひとつの不具合が発生し始めました。

その不具合現象にはひとつのパターンがあるので、順を追って書いてみます。

・ 家で充電などしていると突然、再起動する。(実はきっかけがあるのだが、それは後述)

・ 再起動後、SIMを認識しなくなる。設定などいろいろいじっても復帰しない。

・ しかたないので、電源長押しで再起動してみる。すると、SIMは復帰するのだが、今度はSDカードを認識しなくなる(SDに入っているアプリのアイコンがおかしくなりアクセスできなくなる)。これも、設定などいろいろいじっても復帰しない。

・ しかたないので、(電源OFFにして)裏ブタを開け、SDカードを抜き差しする。

・ すると、「外付けストレージが挿入されました」と通知される(一回でうまくいかない場合もある)

・ 少し時間を待つ(通知ダイアログからSDカードの中身が見れればOK)と、アイコンが戻り、無事復帰する。

この不具合が、一時期から頻繁に起こるようになっていました。
上記の対処法をわりと早々に確立したので、大事にはならないのですが、SIMやSDカードを抜き差しするのに、いちいち裏ブタを開けなければいけないので(開けにくくて固い)、大変面倒くさいです。

ASUSに連絡して修理に出そうかなと思いはじめ、その前に修理の出し方などをネットで情報収集していたところ…
同じような不具合にあっている人の書き込みをいくつか発見。
原因もなんとなく推測できてきました……。

[ 解決(?)編 ]

情報の中に、「Wifi接続すると現象が起こる」というのがありました。
確かに、それは心当たりがあります。家で、アプリのアップデートなどをするためにWifi接続している時に起こっていた気が…。

で、試してみたところ、確かにその通りでした。WiFi接続してしばらく放置していたところ勝手に再起動しました。

さらに追及していったところ、どうやら…

モバイルネットワーク(4Gなど)がONになっている状態で、WiFiに接続すると発生する

ということのようです。モバイルネットワークとWiFiの切り替えで失敗しているっぽい。

で、回避方法としては…
WiFiに接続したいときは、まず機内モードにした後(充分時間待って)、WiFiをONにする。戻すときは、WiFiをOFFにしてから、機内モードをOFFにする

今のところ(といっても数回だが)、これで不具合を回避できているようです。あーよかった。

…って、問題は解決はしてないよ!

うーん、やっぱ、保証期間中になんとかすべきだよなあ…。
だが今はちょっとタイミングが悪い。
まめにバックアップとりつつ、頃合いを見て修理に出すことを考えよう。

まあ、安かったし、2年も使えりゃ充分なんだけど。

(2016.8.24)

(追記)
という記事を書いた翌日の朝スマホを見たら、勝手に再起動した形跡がありました…。
WiFiはOFFにしていたので、上記の条件でなくても再起動が起こるようです……。
ここ1ヶ月くらいは、WiFi以外で起こらなかったんですけど……意地の悪い偶然だなあ。
(2016.8.26)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ASUS ZenFone2 Laser

(前回からの続き)
…ということで、新しいスマホを買わざるを得ない状況になってしまいました。

思い立ってから数日で心を決め、一週間も経たないうちに購入。
この決断、自分としては珍しい。

それだけ必要に迫られていたのと、たまたま「ピン」と来た機種があったのでした。
購入した機種は…

「ASUS ZenFone2 Laser」

ちなみに、今回はAmazonやGooglePlayなどのネットショップではなく、リアルショップで買いました。現物を見たいというのがあったし、値段はあまり変わらないし(むしろ安かったかも)、NEXUS5の故障の時、修理問合わせが面倒くさいのが身にしみたので。

Zenfone2l01

Zenfone2l02

Zenfone2l03

決め手のひとつは、ASUSというメーカー。すでにASUSのWindowsタブレット(Vivotab note8)を持っているのですが、安い割には使えて気に入ってました。

もうひとつには、パッと見(デザイン)が良かった…というのがありますね。意外とコレ重要。

実をいうと、旧機種NEXUS5は、性能的には申し分なかったが、デザイン的にいまひとつ愛着持てなかったんですよね。微妙なRの違いとかなんですけどね。その前のHTCは割と好きでした。このZenfone2Laserは、愛着持てそう。

そして、もちろん、価格。
予定外の出費なので安価に抑えたかったのです。
NEXUS5も性能の割には決して高くはなかったんですが…これは更に安い、20000円台。
今や、20000円台でそこそこのスマホが買えてしまうんですね…ありがたい。

[ 性能面などについて現状でのレビュー ]

スペック的には、旧機種NEXUS5に劣るのは分かっていました。

・ZenFone 2 Laser
CPU: Qualcomm Snapdragon 410
画面解像度:1,280×720
メモリ:16G

・NEXUS5
CPU: Qualcomm Snapdragon? 800
画面解像度:1,920 x 1,080
メモリ:32G 

CPUがNEXUS5より弱い。解像度も低い。メモリも半分。
ということで、ちょっと不安もあったのですが…

実際に使ってみると、自分の使用の範囲では今のところ特に不都合はありませんでした。

メモリに関しては、SDカードが使えるので、それでなんとかなりそう。
NEXUS5は、32Gでしたが、SDは使えなかったのです。
(それも、データを救い出せなかった原因のひとつだよなあ。酷い仕様だ)
現在、アプリをまめにSDカードに移動して使ってます。中には移動できないものもあるので、やや不安もありますが。

画面解像度も、特に問題なし。まあハイスペックマシンに比べれば劣るんでしょうけど、自分の目にはNEXUS5とそう変わった感じはありません。

動作スピードも、思ったより大丈夫そう。ネットを見ると「3Dゲームは辛いかも」と書いてありましたが、自分が遊んでいた「スクスト」(一応、3Dモデルのキャラが動く)程度であればほとんどNEXUS5と同じ感じで動きました。3Dゲームが辛いというのも、もっと洋ゲーとかのすごいヤツのことなんでしょう。

実は選択肢として、
ASUS ZenFone GO」という、より新しく、より画面が大きく、より安い機種があったのですが、CPUがSnapdragon 400でZenfone2Laserよりやや劣るのが心配になり、後者にしました。しかし、現状から考えると、GOの方でも問題なかったんじゃないかという気もしてます。

[ データ引継ぎに苦しむ…]

スマホを新調したら、次はデータの引継ぎ。本来、Androidの引継ぎは楽々のハズなんですが…(HTC→NEXUS5は楽々だった)

主に自分の使用環境の問題で、とんでもないことになってしまいました。
ご覧の皆さんは、同じ轍を踏まないようお気をつけください…。

実は、同じgoogleアカウントで、旧HTCも使っていたのです。(カミさんのメールチェック用に使わせていた)。で、NEXUS5故障後にもHTCを使っていたわけですが…

いざ、ZenFoneでデータ移行しようと思ったら、引継ぎ元が「最近使った機種 HTC」となっていて、NEXUS5は選べないという事態に! 最後に使った機種を、引継ぎ元としてしまうんですね…そんなの、知らなかったよォ!

なので、環境が一世代前のHTCのところまで戻って復元されてしまいました…。
旧スマホが生きていれば、なんとでもなったんですけどねえ。

それはそれで諦め、手動で復元を試みます。

まず、旧SImは問題なく引き継げました。IP電話(050) アプリもインストールしたら、ちゃんと電話もできるようになりました。

住所録は、どうやら最新のものがクラウドに保存されていたようで、そのまま引き継げました。

写真もクラウドに保存されていました。一部、ごく最近のものがバックアップされていなかったようで失われましたが、まあ大した損失ではない。

Twitterも以前のフォローなど保ったまま復帰しました。

アプリのうち、HTCの頃にインストールしていたものは自動で復元されました。

自動復元しなかったアプリの中で、必要なものだけ再インストールしました。

自作アプリは問題なくDLでき、動きました。よかった。

ゲームの中では、まず最近も遊んでいた「スクールガールストライカーズ」と「クラッシュロワイアル」を再インストールしました。

「スクスト」は、ゲーム内でこういうときのためのデータバックアップサービスがあり、それを行っていたので、ちゃんと最新の保存状態まで復元しました。(まあ、データが消えてたらやめてもいいやと思ってたんですが…)

「クラロワ」は、セーブデータは失われていました。プレイしてそんなに時間も経ってなかったので、最初からやり直してます。

その他、いくつか有料で購入したアプリがありましたが、(GooglePlay購入状況は記憶されているので)基本的には無料で再インストールできました。

ひとつびっくりしたのが…「ナムコアーケード」というのを以前インストールしていたのですが、GooglePlayで見つからず、調べたらいつのまにかサービス終了していたという…。これ、ランチャーは無料だが、ゲームは有料で、自分もいくつか購入してたのに…購入済みのゲームも遊べなくなってしまうなんて…。

それでも、ここまでは、まだ大きな問題でもなかったんです。
最悪だったのが…LINE。

LINEをインストールして既存のアカウントで再認証しようとしたら「050は使えません」と言われてしまったのです。確か昔は050で登録でき、それで使っていたはずなんだが。(どうも、いつのまにか050が使用不可になっていたらしい)

しかたないので、別の方法で登録し直すことも考えましたが…

旧機種が生きていれば、現アカウントのまま電話番号変更手続きを行えたハズですが、いかんせん、旧機種は潰れてしまっている…。引継ぎもできない。

ってことは、現アカウントは捨てて、まっさら状態でLINEを始めるしかないということのようだ…。スタンプもいくつか買ってたのに…。

幸い(?)LINE友達は少ないんで、再登録はそう手間でもなさそうですが…
もひとつ心配は、今ヒモ付けされてるメールアドレスを新しいアカウントでも使用できるのか、ということ。今年になって「色々あったせい」で、LINEさん厳しくなってるから…「同じメールアドレスは、違う電話番号には使えません」とかありそう。そうなったらもう、面倒極まりない。

で、ちょっと今ストップしている状態。も少し調べてから、どうするか決めます。
(LINEもゲームするのがメインで、連絡にはあまり使っておらず、そんなに焦る必要もないのでした)

というのが、現状でした。
自業自得もあるとはいえ、こんな苦労までさせられるとは…(カメラの不調も含め)立て続く不運を嘆いてます…。

そして今また、PCの不調という不運までもが、襲いかかりつつあるという…To be continued...(?)

(2016.5.3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマホ SUDDEN DEATH

少し前からTwitterでもつぶやいていましたが…

先日、スマホ(Nexus5)が突然、お亡くなりになってしまいました…。

特にハッキリしたきっかけもなく。
日曜の朝、スマホゲームをいじっていて、ちょっとテレビに気を取られて目を離した後、スマホに目を戻すと、もう画面真っ暗に。

スリープしたのだと思って、電源スイッチを押すも反応なし。リセットすべく長押ししても変化なし。ネットで調べた方法、音量ボタン+電源長押しも効果なし。

ちょっと、途方に暮れましたね。
こんなに突然、生活必需品とも言えるスマホが使えなくなるとは…。

しばらく悪あがきをしてみたものの、結局どうにもならんことがわかると、次の問題が浮上してくる。

スマホのデータのほとんどは、クラウドにも置かれているハズですが、一部スマホの中だけのもの(思いつきメモなど)もあったのです。最後のバックアップは去年末でした。つまり、1~4月分のデータは失われてしまう…。

できればなんとか復帰させて、データを確保したい。

ってことで、まずはGoogleサポートに電話。こちらは年中無休なんですね、エライ!
どんだけ待たされるか、あるいはたらい回し地獄に陥るかと思いきや、すんなり繋がりました。
状況を説明すると、いくつか考えられる対処法を教えてくれましたが、最後の手段が既にこちらでもやっていた「音量+電源長押」というもの。
当然効果はなかったので、結局「これはソフトウェアの問題でなく、ハードの問題のようです。製造元のLGさんに連絡してください」とのことでした。

ちなみに、Googleサポートは親切丁寧で好感持てました。(解決はしなかったけど)

LGは土日祝日休みなので、翌日の朝、職場で始業前に電話しました。

こちらも、すんなり繋がりました。(ユーザーサポートって、繋がらないものってイメージだったんですが)。

状況を説明すると、
「それは基盤交換になるかもしれません。となると30000円くらいかかってしまいます…」

それでも食い下がり、
「もしかすると、充電端子部分だったらそこまでかかりませんよね?送るので、調べて見積もってもらえませんか?」

すると、
「見積もりだけで、送料と合わせて4000円かかってしまいますが…」

うぐっ…だ、だが…それでもデータを復帰できる可能性があるなら…
「ところで、修理の際に問題なければ、中のデータは保存されますか?」

すると…
「プライバシーの問題で、修理前には必ずデータを全消去することになっています…」

ガーン! 終わった…。

(ちなみにLGのサポートも親切丁寧でした。)

こうなると、修理に出しても仕方ない。
スマホは新調せざるをえないことに、なってしまいました……。

今度は、高性能を追求せず、安いのにしよう…。


ということで、しばらくはスマホ無しの生活になりましたが…。

無いなら無いで、意外に苦にならないもんですね。まあ、私はスマホへの依存度が低い方だからかもしれない。電話もあまりしないし。

ゲームもツイッターも、できないんだからしかたないと割りきると、イライラもしない。

代わりに、通勤中の読書が進みました。


で、故障から数日後。

早速、新しいスマホを購入してしまいました。(安いやつを)

まだ、買ってきただけで、設定も終わっておらず、ちゃんと使えてはいません。
新機種の使用感などについては、また後ほど…気が向いたら書きます。

なんにせよ、予想外の出費に泣きそう。
安いとはいっても、それなりの額ですからね…。

実は、この件以前にカメラ(注追記・ミラーレス一眼カメラGX1)の調子が悪くなってしまって、GW明けには修理に出そうと思っていた矢先なんですよ…。

こちらも、修理に出すと、1万円は下らないんじゃないかと見ているんですが…トホホ。

(しかも、年末にゃPS4買って、最近は中古PSP買って、出費かさんでた折に…)

この反動で、これからは良いことが続かないかなぁ…(非科学的発言)。

(2016.4.27)

(追記)わかりにくかったところを補足しました。(2016.5.6)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スマホガチャに変革が?

ソシャゲのガチャで,本当にヤバい問題はどこなのか」(4gamer.net 2016.2.16)

山本一郎さんが、ソーシャルゲームのガチャの現状に対して吼えてました。

山本一郎さんといえば、つい最近「はに丸ジャーナル」(NHK)で「炎上仕掛け人」みたいな肩書きで出てましたね(笑)。

まあ、それはともかく、この記事の話題は…

いくつかの著名アプリで断続的に返金騒動などがありましたが、ついに具体的な対策が検討されそうだという流れになってきた次第です。」 (引用)

山本さんの見解としては…

論点はたくさんありますが,整理すると大きな問題は「特定のキャラやアイテムが出る確率が第三者からはっきり分からないこと」(引用)

なるほど、確かにそうかもしれない。

確率を表示しておけば、どれだけ出やすいか、出にくいかは推測できます。その数値を見た上でもガチャにつぎ込みたいというのなら、問題無いんじゃないかと。
(判断力の弱い低年齢層に対しては、今でも上限額が定められているようですし)

奇しくも、こんな記事が出てました。

「グランブルーファンタジー」運営元、ガチャの個別出現確率を表示へ
(ねとらぼ Yahoo経由 2016.2.17)

もうグラブルでは対策が計画されているようです。

ところで、この記事を調べてて気づいたのですが、グラブルって、今までもレア度ごとの確率は公開されていたようですね(こちらの記事など)。ちょっとびっくり。

グラブルって、むしろ親切なゲームだったんじゃないですか。
一般的なスマホゲーム(例えば、最大手のモンストなど)って、レア度ごとの確率さえ非公開じゃないですかね?

こんな記事も

<パズドラ>ガチャの確率表示「必要あれば問題ない」 森下社長がコメント」(まんたんウェブ 2016.2.19)

「現在のところ「パズドラ」は具体的な確率表記を行っていないが」(引用)

「必要があれば、なる(表示する)のは全然問題ないと思う」(引用)

ということは、グラブルでの「対策」は文字通り「個別出現率の表示」ってことなんですね。一般ゲームよりも一歩も二歩も進んだ対策なのかもしれない。

…というか、私はレア度が同じなら出現率は同じものだと思ってましたが…。暗にそうではなかったということなのか? (実際、グラブルの騒動は、このあたりの疑念が元なわけですが)

なんにせよ、ガチャの出現確率の明示は、業界全体に広まっても良いんじゃないかなと思います。

山本サンの記事にもどって、もうひとつ…

「ほかの人に勝つためには課金が必要だ」というゲームを出しているのなら,それは“無料で遊べる”と表記してはいけないのではないか」(引用)

これまた正論。

例えばGooglePlayで「人気ランキング」のページを見ると、「無料トップ」などというカテゴリが表示されますが、そこには課金アプリもラインナップされています。

これは「無料・課金なし(広告はOK)」と「無料・課金あり」にカテゴリ分けするべきじゃないか…と私もずっと思ってました。(以前、そんな風にするって話もあったような…記憶違いかな?)

そうすれば、私の自作アプリみたいなのだけが、本当の無料アプリってことになるしな!
(最近、全然アップしてないけど…)

…といった感じで、山本サン記事について、大筋では異論なく納得できるものでした。(決して、炎上記事なんかではない、と思う)

…ですが、記事のディテールでは、気になる部分がいくつかあるんですよね…。

(私自身は、スマホゲームはユーザーとして遊んではいるものの、仕事で関わったのは昔1回きりなので、認識違いもあるかもしれませんが…)

お金を出した人が有利なゲームは不公平のはずなのに,日本ではそれが認められているのはどうしてなのか」(引用)

お金を出した人が有利なのは不公平? それが認められてるのは日本だけ? 
それはちょっと違うのでは?

まず、海外のゲームだって(ガチャはなくても)課金した方が普通に有利になりますよ。(私が遊んでる海外ゲーの「クラッシュオブクラン」も然り)

それに、ゲーム以外、例えばスポーツの世界だって、学業の世界だって、お金かけた方が有利じゃないですか? 
ゲームだけを特別視するのは偏見ですよ。

ガチャの問題は,無料で遊べると銘打っておいて,お金をかけないと楽しくない

これもウソ(認識間違い)ですね。
なぜなら、ソーシャルゲームで課金しているのは、プレイヤーのほんの一部だからです。
その他のプレイヤーは、お金をかけずに楽しんでいるわけですよ。楽しくなかったら、やめてます。

でも,その後でもっと強いキャラを出されたら,そのキャラの価値が半減したりしてしまいますから,消費者からすると本来は「騙された」と声を上げるべきものなんですけどね。」

価値が半減することは確かにありますね。でも、これもゲームだけの話じゃないでしょう?
例えば家電など、ある商品が出た後に、新商品が出ると、価値が半減することも普通にありますよね。ゲームだけを特別視するのは偏見ですよ。

ソーシャルゲームではインフレで能力を下げられたカードやキャラは基本的に使い物にならなくなっていきます。」

なんて事も書いてますが、価値が下がることはあっても、全く使えなくなるゲームはまず無いと思いますよ。まがりなりにも課金で入手したキャラは、無課金のキャラよりはずっと長く使えるはずです。

警察庁がソシャゲ方面に関心を持つ理由も,これって「射幸心を煽るビジネス」だと思ったからだと思います。」

射幸心を煽るのは確かですね。でも、これまたゲームだけを特別視するのは良くない。
射幸心ということでは、トレカやガチャガチャや宝くじなんかも同じじゃないですかね。(宝くじなんか一番酷い例じゃないか? 大当たりの確率はガチャの比じゃないし、外れたら何も残らないし)。

上記の気になった発言に関しては、山本氏ではなく対談相手の「消費者問題の有識者」の方の発言が多いです。なので、立場としての発言なのか、もしくはあまりゲームについて詳しくないのかもしれない。

ただ、山本氏に関してはゲームに関して詳しいはずなので、そこはちゃんと訂正するなり突っ込みするなりしてくれないと。炎上芸人なんだから(違う)。

大筋としては有意義な記事だったので、ディテールの間違いで信用を失ったらもったいない…と思った次第。

私も、射幸心を煽りすぎるガチャは嫌いです(個人的意見)。

ともすると、昨今のゲーム業界「ゲームの面白さなんてどーでもいいんだよ、要はガチャなんだよ!」みたいな論調になりかねないので、そこはぜひ軌道修正して欲しいと思っている一人です。

(2016.2.20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スクスト

最近、スマホゲームの勉強のつもりで「スクールガールストライカーズ」というゲームをはじめました。

ジャンル的にはいわば「ギャルゲー」。
今まであまりこの手のゲームはプレイしたこと無くて(「艦コレ」は少し前に、やはり勉強のために遊びましたけど)、今回も、様子見くらいのつもりで始めたのですが…

意外に、ちょっとハマってます(苦笑)。

ゲームとしては、なんというか…艦コレそのままというか、昔ながらの「ポチポチゲー」というか、身もフタもない感じで、あまり特筆すべきところもないんですが…

ゲーム中の女の子キャラのローポリモデリングが良くできてて、モーションも細かくて、いい感じなんですよ。日常的な動きから戦闘時の動作など、いちいちよく動く。

モデリングなので、向きを変えて見たりもできます。向きを変えても、ちゃんとこっちに視線を向け続けたり、首を回したりと、芸が細いんですよ。こりゃ、愛着もわきますて。

文章ばかりでもナンですので、我がチームの精鋭を紹介しましょう。(ゲーム中、スクリーンショットを撮る機能もあります)

Sgs01

うちのリーダー、悠水(ゆうみ)さん。
お調子者だが、料理は上手いらしい。

メモカというアイテムで、コスチュームを色々変えられます。

Sgs04

こんなヒーローっぽいコスチュームもあったり。普通の制服とかもあります。

Sgs02

夕依(ゆい)さん。
清楚なお嬢さんって感じ。そんなに畏まった話し方しなくてもいいんだよ(笑)。

Sgs03

小織(こおり)さん。
内気でおとなしい子だが、時々「殺す」とか言う。

こんな感じで、もう、書いてるのも恥ずかしくなっちゃうバリバリのギャルゲーなんですが…

意外に、ラブラブ要素が薄いのが良い。あまり惚れた腫れた的な会話はないのです(今のところ)。

ラブ要素という意味では、むしろ「ファイアーエムブレムif」の方が、なでなでシステムとか、結婚とかあって濃かったくらい。正直、個人的にはうっとうしいだけでしたが…(ゲーム全体としては面白かったけど)。

スクストの場合、隊長(プレイヤー)はこの世界ではネコの姿をしているという設定らしくて、そんな距離感も良いですね。

恋人というよりは、父親というか保護者のような気分でプレイしてます。

「そうかそうか、がんばったのう」 「新しい服でもゲットしてあげようかのう」みたいな。
(じじいかっ!)

もっとも、「隊長」とかいいながら、単に命令だけしてコキ使ってるだけじゃないかという話もあるけど…(罪悪感)。

今、ランキングのある協力戦(レイド)イベントが開催されています。
初参加で要領を得てないせいもあり、開始時から数日で ぐんぐん順位が落ち続けてます。みんな、ガンバってるなあ。

この手のスマホゲームは、1ゲーム数分~10分程度でキリがつくので、掛け持ちできて良いですね。

今、平行して4~5本くらい遊んでます。

クラッシュオブクランズ
言わずと知れた有名ゲーム。個人的にはもうちょっと内政要素があっても良かったな。でも戦闘に特化したシンプルさがヒットの一要因でもあるのかな。

ハースストーン
最近日本語化された、ガチのカードゲーム。リアルタイムの通信対戦は、スマホゲームでは珍しいのでは。マジック・ザ・ギャザリングをシンプルにした感じで、すごく良くできてて、面白いです。でも、1試合10分からかかって、しかも(相手がいるから)途中で一時保留しにくいので、移動中にプレイしにくいのは玉にキズ。

ねこあつめ
これまた有名どころ(有名なのばっかりやってるな)。
「きっどさん」もやってきて、アルバムが全部埋まっちゃったので、小休止状態ですが。

シュリンプ育成計画
自作ゲーム…最近またプレイしてます(笑)。もう2世代目に突入しました。
GooglePlayにアップした自作ゲームの中では、これが一番よくできてると思ってるんですよ…。

…最後で、なんかステマみたいになってしまった(というか、むしろ「あからさマ」か)。

(2015.11.27)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ASUS VIVOTAB NOTE8

Windowsタブレットを買ってしまいました!
(買ったのはもう1週間以上前ですが)

Asusvivo_01

出先でちょっと作業をしたり、外での打ち合わせに使ったりしたくて、けっこう前々から欲しいと思ってたんです。
OFFICEも入ってるし、他のWindowsアプリも使えそうだし、AndroidやiPadより実用性高そうに思って。

けっこう値段が変動するんですよね。
一時期値段が下がっていたので、もう少し…と待っていたら、なんと値段が以前より上がってしまいました。
「こりゃ、円安のせいか?」と慌てて、36000円の時点で購入決定!

…買ったとたんに、今度は値落ちして、34500円になってる…(2014.12.11現在)。
賭けに負けました…。

Asusvivo_02

まあ、それはそれとして…1週間程度使ってみた使用感は…

初めて使うWindows8.1には、やや戸惑いがありましたが、まあこれはこれで。
この機種でも、意外にファイル操作やネットブラウズが遅滞なく使えてますね。
家で経理用に使ってる数年前の型のVaio(Windows7)の方がもっさり感じるくらい。

あとこの機種の特徴としては、筆圧感知のスタイラスペンが付属していること。感圧式タッチパネルのように細いペンできれいな字が書けますし、対応ソフトを使えば筆圧のある絵も描けます。試しに描いてみたら、けっこういい感じでした。

その他、以前買ったBlueToothキーボードも使えたり(まあでも、ソフトキーボードで充分だけど)、USBマウスを繋いで使えたり…

現状使ったところでは、なかなか良い感じ、好感触です。

…とはいえ、実はまだほとんど実用的なことには使ってないんですけどね…。

初っ端からアプリケーションのインストール絡みで、ちょっとトラブってしまい。

一番の失敗は、ストレージが32Gしかないモデルを選んでしまったことか…。

最低限、3つか4つのアプリが入れば充分だと思ってたんですが、それだけのアプリを入れようとしてみると、あっという間にストレージ容量を使い切ってしまい…。

残りが1Gを切っても入りきらないので、いったんアンインストールして、ディスクのクリンナップまでしてやりなおし…。

アプリをさらに厳選して再インストールし直しました…。
そこまででかなりの時間を費やしてしまい…まだそんな状況です。

(撮った写真や作成したデータはマイクロSDが使えるので、問題ないんですが)

64Gモデルもあったので、数千円をケチらず、そっちにしておけばよかった…。

(というか、そんな複雑なことしようと思わなければ、32Gでも充分だと思いますが)

(2014.12.11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バカスキー for Android 公開

Goog Playに「バカスキー」を登録しました。

Android2.3以上でプレイできます。
(プレイには、Air for Androidが必要ですが、自動インストールされる…はずです)

Baka-ski (GooglePlay)  (GooglePlayに飛びます)

 ※ 実際のDLは、AndroidでGoogle Playから検索してください。

だいぶ昔に、このBlogで公開していたゲームを、Android用にリメイクしたものです。

なぜ今更…かというと、冬だから。スキーの季節だから(私はスキーやらないけど)。
その程度の理由です。

Android版リメイクにあたって、操作法はだいぶ変わりました。
タッチで移動、傾きでスピード調整になります。

ゲームモードも増えて、以前同様のコースモードと、無限に続くエンドレスモードを設けました。

また、コースモードではプレイごとにSCOREに応じたEXPが入り、溜まるとLIFEが増え、ミスしても継続プレイできるようになります。ゲームを何度も遊べば、いずれゴールできるようになるんじゃないかと思います。

ゴールまでの障害も、新たなものをいくつか追加しました。
最後のは、もうスキーゲームでもなんでもないゲーム性になってます。

今回も無料ですので、ぜひプレイしてみてください。

おっと、そういえば、例のAndroid5.0問題 がまだ解決してなさそうなので、5.0アップデート前にインストールすると、アップデート後に遊べなくなる可能性があります…。いや、もう早々にGoogle様が対応してくれるとは思うんですけどね。

という感じで、今回もあまりDL数は期待できないのですが…まあ、何事もやってみるが吉ということで。

(2014.12.8)

(追記)
いまさら気付いたんですが、多分Android5.0から、ホームボタンを押してもアプリが終了しなくなったみたいです…。(別ウィンドウとなって起動し続けるっぽい)
アプリを終了するには(NEXUS5の場合)、□ボタンを押して、ウィンドウ右上のxでウィンドウを閉じると、終了できるようです。
(終了ボタン付けとけばよかった…)
(2014.12.11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)